<DeNA2−2中日>◇21日◇横浜

 中日の不名誉な記録がこの日も更新された。

 先発の又吉克樹投手(26)が6安打2失点(自責点1)で、1点ビハインドの展開の8回途中に降板。開幕から18試合連続で先発に勝ちがつかなかった。

 又吉は1−1の8回1死三塁からDeNA4番筒香に右前適時打を浴び、勝ち越しされた。「2回1点ずつ取られたので…。特に最後の点を取られたところは、先頭から長打だったので、あそこが単打だったらと思う。そういうところをまた考えていきたいです」とコメント。プロ最多の133球を投じた。