<ソフトバンク6−4楽天>◇4日◇ペイペイドーム

ソフトバンクは救援陣の好投で僅差を逃げ切り、連敗を2で止めた。試合後の工藤公康監督(57)の一問一答は以下の通り。

−柳田が3安打で打率3割

工藤監督 すばらしいですね。今は柳田君はチャンスメークというところにはなってるんですけど、しっかりとチャンスを作ってくれているのは大きいですし、ランナーがいるところではしっかりとかえしてくれるというところもね。本塁打が欲しいところはあると思いますが、得点したいところではミートでヒットにしてくれるのもすばらしいと思います。

−グラシアルは好走塁があった

工藤監督 彼も走ると結構速いので。あの判断はすばらしかったかなと思います。

−笠谷は5回途中で降板

工藤監督 投げさせたい気持ちもすごくあったんですけど、連敗中というのもあったし、ここで1つなんとか、打線が活発なときに勝ちに結びつけていかないとね。ずるずる行ってしまうのも嫌でしたし、今日は使えるピッチャーを使ってなんとかしたいと思っていましたので。笠谷君になんとか勝ちを付けたいと思っていたんですけど。ただ、気持ちはすごく伝わってくるピッチングをしてくれましたのでね。5回に打たれましたけど、それを自分の糧にして成長できるように頑張ってほしいなと思います。

−森不在のブルペンが無失点でしのいだ

工藤監督 そうですね、ちょっとヒヤヒヤするところもありましたけど。結果的に0で投げてくれましたんでね。リリーフ陣は良く頑張ってくれた。何よりチームが勝てたことが明日につながるかなと思います。

−笠谷は序盤はいい投球だった

工藤監督 良かったと思いますよ。そんなにコントロールがビシビシというピッチャーではないので。球の勢いを考えればね、もうちょっと頑張ってほしかったなという思いがあります。あそこをなんとか、(甲斐)拓也がいいリードをしてあげないと。決して悪いわけではないんですけど、もったいないというヒットは何個かあったのでね。そういうところも含めて、若い人たちが多い中で彼が引っ張って行ってくれないと。あえて、です。決してすべてが悪いわけではない。彼もいろいろ考えてくれている中でですけど、さらに成長しないといけない。いいキャッチャーであればあるほど、打者が1打席より2打席目、3打席目がおかしいスイングになって、4打席面は誰が投げても全く合わないと。これがリードしていくキャッチャーの最高の抑え方かなと思うので。どんどんタイミング合っていくようではいけないかなと思うので。さらに彼に成長してもらえるように。いかに準備をすることが大事かということだと思っているので。大変だと思います。若い人たちもここに来いと言って投げられるピッチャーばかりではない。その中でも戦って勝っていかないといけないので、頑張ってほしいなと思います。

−笠谷の今後は

工藤監督 今だとそんなに最初から点を取られるピッチャーではないので、ボールの力もありますしね。短いイニングの中で投げるというのも1つの方法なのかなと思っています。投手コーチとも話をして、先発であれだけ初回からあの球を投げられるということは、1回、2回だったらもっと抑えられるピッチャーなのかなというのも考えられるところなので。

−早めの継投になった

工藤監督 5回を過ぎればある程度計算できるところはあるんですけど、5回過ぎないとどうしてもね。勝っているところで行かないピッチャーも使わないといけない。もしくは勝ちパターンのピッチャーが複数イニング投げないといけないので。きょうは(高橋)純平くんにいってもらいましたけど。ストライクを取るのに四苦八苦しているとなかなか…。

−岩崎はピンチを作ったが粘った

工藤監督 セーフ。抑えればいいんですよ。0で最終的に帰ってきてくれればという風に思って投げると、いいかなという風には思います。ただまあ、真っすぐとフォークだけだと厳しいとは思います。どこのチームもそこを分かっているのでね。今スライダー、カットの練習をしているのでね。いけるなと思ったらカウントのいいときに使うとか、少しずつでも試合の中で使っていってくれれば。今すぐに使えないとしても、左のインサイドに投げられたら武器になると思いますのでね。頑張ってほしいですけど。

−なるべくリリーフには負担をかけないように

工藤監督 この9連戦に関しては、3連投もあるよと言ってあります。森くんがこういう状態になって、あるよと言ってますので。なので明日も全員でいきます。

−今宮が5回守備から交代

工藤監督 本人は大丈夫だったと思うんですけど、前の既往歴の脚のこともあるので。(2回の三塁打で)サードに滑って切り返しのところですかね。違和感があるということだったので。次のイニングもいきましたし、打席にも立ったんですけど、少し心配だったので。早めに代わっておこうと。明日問題がなければ試合に出られるので、今日は様子を見ようということで代えました。

−9連戦は残り1試合

工藤監督 この9連戦は勝ち越すことができなかったですけどね。明日、終わりよければすべてよし。明日勝って終わることが何より大事かなと思います。明日は和田君が投げるのでね。リリーフもつぎ込むところはつぎ込んでと思っていますし、勝つために最善を尽くせるように。打線の感じはいいと思うので、このまま明日も序盤からいい得点が重ねられれば、いい展開になるんじゃないかな、いい試合になるんじゃないかなと思います。

−嘉弥真が1イニング

工藤監督 (浅村の前に)ランナーがいなかったら行こうと。あれで右を行かせると、回またぎということにもなりかねなかったので。ランナーが出れば泉君なのか杉山君なのか、誰かを使って。明日のこともあるので。あまり回またぎはしたくなかったので。そこまでは考えていました。ナイスリベンジでした。「やるな、嘉弥真」という感じでしたね。