企業が募集する「早期希望退職」というと、ネガティブにとらえられがちです。でも、これを機に別のキャリアや本当にやりたかったことを見つけ、意気揚々と新たなステージに移っていく人もいます。早期退職の募集を行う大手企業が増えるなか、早期退職からの転職成功事例を紹介します。

東京商工リサーチから2019年上半期(1〜6月)の上場企業における「早期・希望退職」の実施状況に関する調査結果が発表されました。それによると、19年上半期に希望・早期退職者の募集実施を公表したのは17社。その募集人数合計は、すでに18年の年間募集人数の約2倍に達しているそうです。

年齢条件付きでの募集は、45歳以上が10社で最多。40歳以上が2社、35歳以上が1社と、募集年齢の若齢化傾向が見られるとのことです。

退職者募集の理由は業績不振に起因するものが多いようです。ただ、業績が堅調な企業でも、先を見据えて人員削減に踏み切る動きが出てきているようです。

こうした動向に、「人ごとではない」と感じる人も多いかと思います。「早期退職」という選択肢が視野に入ったとき、どう向き合い、どう行動すればいいのでしょうか。

■過剰な悲観は不要 キャリア再設計の好機に

自分が早期退職募集の対象となり、会社から応募へと背中を押されたとしたら、やはり気分が落ち込む人が大半だと思います。「自分は必要とされていない」と、存在価値を否定されたように感じるかもしれません。

ですが、悲観的になることはありません。私は転職エージェントとして、早期退職制度を機に転職した人たちと数多く接していますが、その姿を見ていると、「早期退職」は必ずしもネガティブなことばかりではなく、チャンスにもなり得ると思っています。早期退職という転機をプラスに変えた人たちの事例を以下に紹介しましょう。