仮想空間で人間の代わりに動いたり話したりするアバター(分身)の活躍の場が増えています。在宅勤務中の社員や、リモート開催される展示会や国際会議の参加者が、アバター同士でコミュニケーションを取る仕組みが整ってきました。エンターテインメント分野でも、アバターが出演するコンサートなどが続々と企画されています。

システム開発大手の富士ソフトは2020年7月から、自社開発したバーチャルオフィスの運用を始めました。社員の2割に当たる1000人強がリモート勤務で利用しています。画面にはオフィスのフロアを再現。各座席には社員のアバターが表示され、「ランチ中」「在宅」といった本人の状態もわかります。話したい相手の席近くにアバターを動かせば、会話することもできます。

社内の会議や講演会などには、ZOOM(ズーム)などのビデオ会議ツールがよく使われますが、参加者同士の打ち合わせなどにはアバターを使うのが便利です。20年11月に日独仏の人工知能(AI)研究者ら約1200人が参加したオンライン国際会議では、米ヴァーベラ社のシステムを利用しました。アバターで会議室を移動して講演を聴いたり、休憩時間にアバター同士が近づいて議論したりする光景も見られました。

店舗などでの接客にアバターを使う試みも始まっています。東急ハンズはNTTデータと協力して、オペレーターの動きと連動するアバターを介して、来店者に遠隔から商品を紹介する実証実験を行いました。利用者からは「アバターの方が気軽に話しかけやすい」「説明と商品画像がセットで表示され分かりやすい」といった反応があったそうです。

音楽コンサートなどエンターテインメント分野への応用も注目されています。20年4月、オンラインゲーム「フォートナイト」に米国の人気ラッパー、トラヴィス・スコットが巨大化したCG(コンピューターグラフィックス)のアバターとして登場。1200万人以上の「観客」もアバターとして参加し、新型コロナウイルス感染症の流行下で成功したライブイベントとして注目されました。