読書や芸術など新しいことにチャレンジしたくなる秋がやってきました。趣味だけでなく、資格の取得や語学の勉強などスキルアップにもぴったりの季節です。何か新しいことを始める時に合わせてノートを新調するとさらにやる気が出ますよね。そこで今回は、何かにチャレンジしたいときや、リモートワークでの持ち運びにもおすすめの最新ノートをご紹介します。

■ペンやノートと一緒に持ち運べるエシカルなノート

マークス(東京・世田谷)の「ストレージイット」は、15年以上のロングセラーを誇るシリーズで特にノートと手帳が人気です。この定番商品が地球環境に優しいプロダクトにリニューアル。ノートカバーにはリサイクル率90%を実現したリサイクルPVC(ポリ塩化ビニール)を使用。さらに、適切に管理された森林の国際認証「FSC認証」を受けた紙(FSC認証紙)を使用しており、地球環境に配慮したサステナブル(持続可能)な商品になりました。

左がブルー、右がイエロー。カバー部分はスライドジッパーのポケットになっている

このノートのカバー部分は、スライドジッパーのポケットになっているのが特徴です。ポケットの部分にペンや付箋などの小物を入れれば、ペンケースが無くてもノートだけで持ち運べるので便利です。大きさはA5サイズ、値段は1210円(税込み)です。

多彩なカラーが魅力

カラーはブルー、ピンク、ミント、ホワイト、イエロー、グリーン、テラコッタ、ネイビー、ブラウン、ブラックの全10色。ニュアンスカラーやアースカラーなどのトレンドカラーを採用しているので、服の色とコーディネートできるのが魅力です。ジッパーの部分は、カラーに合わせて白と黒の2種類があります。

左のページがドット方眼、右が罫線

ノート用紙は、大手製紙メーカーと共同開発したマークスオリジナルの手帳用紙「NEO AGENDA(ネオ・アジェンダ)」を採用。通常のノート用紙に比べて薄くて軽いのが特徴。ゲルインクや油性ボールペンなどの筆記具との相性もよく、なめらかで文字が書きやすいのもポイントです。ノートは、左のページがドット方眼、右ページが罫線(けいせん)と左右でフォーマットが違うため、アイデアメモや勉強などがしやすいデザインです。

パソコンやタブレットと持ち歩くとき、1つにまとめられるので便利

スライドジッパーのポケットにペンやマーカーなどの筆記具を入れておけば、ノートパソコンやタブレットと一緒に筆記具までサッと持ち歩くことができます。ごちゃごちゃと他の荷物を持ち歩かなくてすむので、気分転換に仕事の場所を変えるときなどに便利です。