スマートフォンでの文字入力に苦手意識を持っている人は少なくない。変換に手間取ったり、どこを押せば数字や記号に切り替わるのかわかりづらかったり……。不満を感じているなら、この特集で解決しよう。使いやすいキーボード設定から、文節の指定の仕方、絵文字や顔文字の入力方法まで4回にわたって詳しく解説する。

◇  ◇  ◇

スマホで文字を入力する際にタイプミスをしたり、思うように変換できなかったりして、「パソコンで入力したほうが楽だ」とイラついた経験はないだろうか(図1)。本特集の目的は、そんな人たちに留飲を下げてもらうこと。スマホで快適に文字を入力するコツを押さえよう。

図1 スマホだと思うように入力できないと悩むパソコンユーザーは多い。今さら人に聞くのは恥ずかしいし、ネットで調べるのも面倒だし⋯⋯。そんな不自由に目をつぶって自己流を押し通すのはもうやめよう。パソコンユーザー向けにスマホ日本語入力を基礎から解説する

スマホで一般的な文字の入力方法は、キーに指を置いたまま上下左右に指を動かすフリック入力だ。しかし、ほかの方法も使える(図2)。ガラケー(携帯電話)を長年利用していてケータイ(トグル)入力に慣れているなら、それも引き続き選べる。パソコンでおなじみのローマ字入力も可能だ。また、パソコンで標準IMEとGoogle日本語入力などを切り替えて使えるのと同様に、スマホのキーボードアプリも自由に追加・変更できる。

図2 スマホの日本語入力は、「ア」段の文字を押してからそのまま上下左右に動かして文字を選ぶフリック入力が基本。だが、ガラケー(携帯電話)と同じ入力方法や、パソコンでおなじみのローマ字入力も可能だ。また、キーボードアプリもスマホメーカー独自のもの以外にグーグル製のものなども選べる

スマホの小さなキーを打つのがどうしても苦手という人には、画面を指でなぞって手書きする手書き入力や、話した内容を文字にしてくれる音声入力をお勧めしたい(図3)。どちらも認識精度はかなり高い。

図3 スマホの小さな画面でキーを押すのが苦手なら、手書き入力(Androidのみ)や音声入力(Android、iOSで可能)も試してみよう。どちらも認識精度はかなり高い。声による操作で読点や疑問符なども入力可能だ