火の見やぐらに登るお七(PIXTA)

「八百屋お七」とは、江戸時代初期の事件を基にした物語です。「17歳の美少女が恋人会いたさから放火をして、死刑になる」というセンセーショナルなストーリーは、次から次へと創作が重ねられました。

私はこれを談笑版として落語に仕立てて、先日の独演会で披露したのです。今回は落語制作の裏話を1席ご披露します。ざっくりと物語のあらましから。

本郷にある大きな八百屋には、お七という美人で評判の娘がいた。店が火災で燃えたため建物を新築するまでの間、お寺に家族従業員ともども仮住まいをすることになった。その寺で娘は若い小姓と出会い、恋に落ちる。しかし新しい店が完成して二人は離れ離れに。娘は小姓に会いたい一心から「また火事になればあの人に会えるはず」と放火に及ぶ。捕らえられた娘は火あぶりの刑に処せられる。

我ながらざっくりすぎますが、仕方ない。この物語こそ「諸説あります」を地で行くようなものです。何パターンもストーリーがある。

■実際の事件をもとに歌謡曲や漫画まで

江戸初期に世間を騒がせた事件があって、その数年後に出版されたのが井原西鶴による「好色五人女」です。そこに採り上げられたことで「八百屋お七」の強烈なドラマ性が決定的に全国に広まったようなんです。

それ以降、現代にいたるまで。文学、歌舞伎、文楽、落語、歌謡曲、映画、テレビドラマ、漫画……。日本の娯楽界のありとあらゆるジャンルで扱われてきました。私の世代で印象に深いのは坂本冬美さんが歌って大ヒットした「夜桜お七」でしょうか。

それにしても事件から300年ですよ。長い年月をかけて、じつに多種多様なアレンジを施されてきたのです。だから、寺だって登場人物だって作品によって名前は違うし、存在したりしなかったりします。それでもなまじっか実際の事件が元だから、架空のはずなのにもっともらしい石碑だとか墓石やらがあちこちに現存するんです。おもしろいですね。最近のアニメーションやドラマのゆかりの土地をファンが訪れる「聖地巡礼」。あれと同じ。町おこしのタイアップ企画!メディアミックス!なんつって新しそうですけど、昔っからやってるってことでしょうか。

さてさて、私も落語版「八百屋お七」を作ることにしました。すでに先人が落語としてもいくつか作ってはいるのですが、別個のものを新規に。

そこでまず、問題点。いくら純愛だ若さゆえの熱情だの言っても、放火は許されないだろう、と。いや、法律的に許されないのはもちろんですが、ここでは聴き手の心情として許せないだろうということです。感情移入できるか? できないなら、じゃあどうする? これが作り手としての問題点その1。

もうひとつクリアすべき問題点は、主人公が命を落とす結末です。バッドエンド。悲劇としては大いに感情をゆさぶる、観客の涙をしぼるストーリーなのでしょうが、私にはどうも……。なんとか助けたいじゃないか。

このあたり、作品によっては、死罪ではあまりにかわいそうだからとお役人が「おまえは本当は15歳であろう?」などと年齢による刑の減免をさせようとしますが、「いいえ、17歳です」とお七はゆずらないのです。うそをつけない正直さも悲劇の要素かもしれない。だけど、ねえ。

そんな課題をふまえて。以下は談笑版のあらすじです。名付けて「八百屋お七〜比翼塚の由来」。八っつぁんがご隠居さんを訪ねるシーンから始まります。