三谷幸喜が脚本・演出、香取慎吾が主演のシチュエーションコメディ(シットコム)『誰かが、見ている』がAmazonプライム・ビデオで配信中だ。香取ふんする、予想もしない失敗を繰り返すフリーターが巻き起こすドタバタ劇。大河ドラマ『新選組!』をはじめ数々のタッグを組んできた三谷と香取が新たに生み出したシットコムの見どころや撮影秘話を3回連続でお届け。(上)では2019年末にあった撮影の様子をレポート。(中)(下)では香取、三谷のインタビューを掲載する。

『誰かが、見ている』(写真:中村嘉昭)(C)2020 Amazon Contest Services LLC

2019年12月19日、東宝スタジオNo.8ステージ。三谷作品で言えば『THE 有頂天ホテル』や『ザ・マジックアワー』、古くは黒澤明監督の『蜘蛛巣城』や『どん底』が撮影された、映画ファンにはおなじみの巨大なスタジオだ。その一角に、1枚の壁を隔てて並んだ2つの部屋。三谷いわく「埼玉県和光市の高級マンション」という設定だ。

午前10時、スタジオには腕を組んでじっとセットを見つめ、スタッフに指示を出す三谷監督の姿が。そこにマイ水筒を片手に香取がフラっと現れた。「なんかすごい撮られてる(笑)」と、集まっていた取材陣に香取流のごあいさつ。その一言で場の雰囲気がホロリとほぐれる。振る舞いは至ってスマートだが、風貌はロン毛に黄色のつなぎとかなりシュールだ。

■香取史上最高のインパクト

今回香取がふんする舎人真一は、かつて自身が演じた慎吾ママや孫悟空などの強烈キャラにも負けないインパクト。ドラマの全体像をまだよく把握していない取材陣の戸惑いをよそに、セット上での確認作業が始まった。スタジオに観客を入れワンシチュエーション、ノーカットで撮影する舞台形式のこのドラマ。スタッフ、キャストは前日に1日がかりで稽古をし、撮影当日はセット上で2〜3時間のリハーサルの後、本番を2回収録するというのが撮影の流れだ。

(写真:中村嘉昭)(C)2020 Amazon Contest Services LLC

この日撮影した第5話には、日本を代表する演歌歌手・レッツ大納言役で、稲垣吾郎がゲスト出演。稲垣と香取の芝居の掛け合いが自然と始まると、そこに三谷が細かな演出を伝える。香取が「吾郎ちゃんとお芝居というのはほどんとないので、楽しみにしていました」と言うように、稲垣と香取のドラマ共演は7年ぶり。加えて稲垣は演劇形式での三谷演出を受けるのが初めてゆえ、新鮮な光景だ。三谷は稲垣について「僕の作るものに合っている方だなという印象。柔軟性と理解力があり、アイデアを出してくれることもある」と話す。

1話は約30分。それをノンストップで撮影する。一度も止めることなく1回目のリハーサルを終えると、三谷が1人1人に声をかけ、セリフのニュアンスや動きのタイミングを修正していく。「予告で使えるようにあざとく」とリクエストした三谷に「あなたはいやらしい言い方をする人だ!」と佐藤二朗が返したり、宮澤エマの十分不思議なダンスに「もっと面白い動きを!」と三谷が無茶ぶりしたり、リハでの笑いもできたら配信してほしいと思ってしまう。