老舗芸能事務所のホリプロと、個性的なアーティストが多数所属する音楽レーベルのトイズファクトリーがタッグを組んだとして業界内で話題を集めているのが、9月22日にメジャーデビューしたWATWING(ワトウィン)。両社とも男性ダンス&ボーカルグループを手掛けるのは初めてという、異色の組み合わせ。プロジェクトを率いるホリプロマネージメント第二事業部プロダクション2部の松永吉晴副部長と、A&Rでトイズファクトリークリエイティブ本部の今宮環氏に、経緯や今後の見通しを聞いた。

メンバーは左から鈴木曉、古幡亮、福澤希空、髙橋颯、桑山隆太、八村倫太郎。2019年の「Star Boys Audition」を経て同年6月に結成。グループ名の由来は、スラングで「何?」という意味の「WAT」と翼の「WING」の掛け合わせ

――プロジェクトのきっかけは?

松永 僕がK-POPのボーイズグループシーンが好きだったので、会社にそうしたグループの立ち上げを打診したところ、スカウトキャラバンとは別枠で19年4月にオーディションをやってみようと。審査に当たっては、ダンスをs**t kingzのNOPPOさんが見てくれたことが大きくて。ゼロからアーティストを作るということを踏まえていただき、ダンスのスキルではなく、とにかく表現力だけを見てくださった。ホリプロ側の審査員は私と音楽制作部長以外は、女性社員で固めました。私が見ていたのは、人となりですね。19年マネジャーを務めてきて感じることですが、売れるタレントは、人間性に優れていることが必須条件なんです。現在の6人は満場一致で決まりました。

――トイズファクトリーはどの時点から合流したのですか?

松永 去年の7月の初ワンマンライブ時に、今宮さんも見に来てくださってました。そこで、ぜひと。

今宮 数多くの男性グループの中でも放つ輝きが一目で違いましたね。全員がきちんと歌えて、踊れる。まだまだ未熟なところはありますが、持っているポテンシャルの輝かせ方が、素晴らしかった。みんな覚悟を持って日々鍛錬しているのがステージ上から伝わって、すぐに会社に戻って交渉しました。