花粉の季節、洗濯物を部屋で干す人が増える。そこで困るのが分厚くて大きいバスタオル。乾きにくいし、部屋干し特有の嫌な臭いが出てしまう。パリッとして気持ちの良い仕上がりを探った。

 東京都内のマンションに住む稲嶺裕香子さんはいま、花粉症でつらい日々を過ごしている。家の窓を開けないのはもちろん洗濯にも気を使う。「夜、仕事から帰って洗濯して外に干す。翌朝取り込んで日の当たる窓際で部屋干ししたまま出勤し、帰宅して取り込む」と稲嶺さん。朝の出勤前に洗って部屋干ししても、その日の夜までには乾かないからだ。

■乾燥時間長いと嫌な臭い発生

 中でも厚手のバスタオルは大変だ。稲嶺さんはバスタオルを使うたびに洗う。タオルを一枚一枚、専用のハンガーにかけて干す。しかし長時間部屋干しすると臭いが気になる。そこで近ごろ、臭い対策として洗濯時にラベンダー、ミントのアロマオイルのいずれかを3、4滴洗剤液に混ぜることにした。臭いは解消されたものの、洗濯物が片付くまでほぼ1日がかり。もっと効率的な方法はないのだろうか。

 部屋干しすると発生するあのむっとした臭いはなぜ発生するのか。その一因は、乾くのに時間がかかることだ。「衣類に水分があると菌が増殖する。洗濯しても落としきれなかった皮脂やあかなどの汚れを菌が分解して臭い物質をつくる」。ライオンのお洗濯マイスター、山縣義文さんはこう指摘する。

 同社の実験ではバスタオルを干してから約5時間たつと部屋干し臭が発生した。つまり5時間以内に乾く干し方であれば、臭いを防げるということだ。そこでバスタオル1枚を用意して最適な干し方を試したところ、「タオルを横長にして上辺をピンチで止める囲み干しをして自然乾燥させたら4時間半で乾いた。扇風機を当てるとさらに早く、2時間だった」(山縣さん)。=干し方の写真は遠藤宏撮影

 ポイントは、タオルを完全に囲むのではなく、少し隙間を作ること。扇風機の風が隙間からタオルの内側に入り込み、まんべんなく乾かすからだ。囲み干しのほか、蛇腹干しも扇風機を使うと2時間半で済んだ。