世界で2億人以上が慢性的に感染しているB型肝炎。治療しても原因となるウイルスを体内から完全に消すことができないため、患者はずっと薬を飲み続けることになる。副作用が少ない薬が求められるなか、2017年に国内で登場した新薬が「ベムリディ」だ。飲む量が少なくて済み、骨や腎臓への副作用リスクを減らせるとして治療での利用が広がっている。

東京都に住む50歳代の男性はB型肝炎にかかり投薬治療を受けたが、副作用で腎臓の働きが悪くなった。17年に武蔵野赤十字病院(東京都武蔵野市)を受診し、同年に発売されたベムリディに変えたところ腎機能が改善した。現在は投薬を続けながら働いている。

B型肝炎はウイルスに慢性的に感染すると、一部の患者で発症する。1980年代半ばまではほとんどが出生時に母親からうつる母子感染だった。血液を介してうつるため、予防接種などでの注射器の使い回しも感染を広げる原因となった。

80年代半ば以降は治療技術の普及で母子感染は減り、大半が性行為による感染になった。慢性的な感染者は世界で2億人以上で、毎年約90万人が亡くなるとされる。日本にも慢性感染者は130万〜150万人いる。

■一生飲み続ける

肝炎が続くと一部の患者は肝臓が硬くなり働きが悪くなる肝硬変になったり、肝臓がんになったりする。B型肝炎ウイルスのDNAは細胞の核の中に入り込む。薬をやめると再びウイルスが増えるため、患者は薬を一生飲み続ける必要がある。

日本では86年、ウイルスが増えるのを阻むインターフェロンと呼ぶたんぱく質を注射する治療法が始まり、00年に飲み薬が登場。耐性ウイルスが生じにくい薬も現れ、治療法が進歩した。だが薬を長く使い続けるため、骨の密度や腎機能が低下する副作用が出ていた。

そんな中、米ギリアド・サイエンシズが昨年発売したベムリディは、副作用を抑えられるのを特徴とする。1日に1回、1錠ずつ飲む。

従来の薬は成分の一部が肝臓に取り込まれる前に血液中で分解してしまうため、多くの成分を薬に詰め込む必要があった。そのため骨や腎臓で副作用が出やすかった。

これに対し、ベムリディ1錠に含まれる有効成分量は25ミリグラム。先行薬の1割以下にすぎない。

新薬は肝臓へ効率よく入るように構造を工夫した。「血液中で分解されにくいため成分の量を減らせた。副作用を抑えられる」(ギリアド社の星野洋・メディカルアフェアーズディレクター)

同社は国際的な臨床試験(治験)を実施し、2年弱にわたり薬の副作用などを調べた。腎機能の目印になる「推算糸球体ろ過量(eGFR)」の低下を従来の4分の1に、腰骨の密度低下も3分の1以下に抑えられた。

副作用が少ない薬の登場は患者にとって福音だ。武蔵野赤十字病院の泉並木院長も「当院では過半の患者がこの薬へ切り替えた」と話す。