一人ひとりの患者のがんの遺伝子の変化を調べて最適な治療薬を探す「がんゲノム医療」が、2019年6月に公的保険の下で始まった。検査後に投薬に至る確率を上げるために、慶応義塾大学などは次世代型のがんゲノム医療に取り組んでいる。他にも大学が独自開発した検査法などの開発が進む。自分のゲノムデータに基づいて治療薬を選ぶがん治療が本格的に広がる体制ができてきた。

宮城県に住む60歳代の女性は19年5月に、脳腫瘍の一種の悪性神経膠腫の診断を受けた。手術でがんを切除し、標準的な抗がん剤で治療を続けている。治療と並行して19年7月に慶大で、ほぼ全ての約2万種類の遺伝子を調べる次世代型のゲノム検査、「プレシジョン・エクソーム」を受けた。

同じ頃始まった公的保険が適用されるゲノム検査は、条件が合わずに受けられなかった。新検査は自由診療で費用負担は大きいが、幸い加入していた民間保険で検査代はカバーできたという。同検査で乳がんや腎臓がんに使う2種類の薬が効く可能性があるとわかり「安心した」と話す。

プレシジョン・エクソーム検査ではヒトの全遺伝子のうち、たんぱく質を作る約2万個の遺伝子が、がん細胞でどう変化しているかを正常な白血球と比べる。遺伝子を作る塩基の配列が変わる変異や、DNAの中に同じ遺伝子が繰り返し現れる回数の変化などを調べる。

がんは胃や肺、肝臓など発生する臓器ごとに使う抗がん剤が決まっている。だがゲノム(全遺伝情報)の研究が進み、同じ種類のがんでも患者の遺伝子の変化に応じて効く薬が異なることが分かった。

がん細胞で遺伝子がどう変化し、がんの増殖につながっているかは患者ごとに異なる。この変化を手掛かりに、患者ごとのがんの遺伝子の特徴を調べれば、最適な治療法を選べる。

19年6月に公的保険の下で2つの検査法が登場し、がんゲノム医療が動き出した。シスメックスと中外製薬の114〜324種類の遺伝子を一度に調べる検査法で、費用は全体で各56万円だ。

ただがんが増える仕組みは複雑で、遺伝子の変化の仕方も多様。簡単には治療薬が見つからない。厚生労働省が19年12月に発表した調査では、同年6〜10月末までに遺伝子検査を受けた805人のうちで、薬が見つかったのは88人(10.9%)だった。