最近、外食店では肉とチーズの組み合わせで楽しむ「肉×チーズ」メニューがかなり増えているのをご存じでしょうか。昨年から話題となっている「チーズタッカルビ」もその一つですね。肉とチーズなんて太りそう……と控えている人も多いかもしれませんが、実は肉やチーズも部位や種類をきちんと選べば脂質や糖質を抑えることができます。今回は、「肉×チーズ」の食べ方のコツとおすすめのメニューをご紹介します。

■タンパク質は食材の組み合わせで効率よく摂取

 肉とチーズは、動物性のタンパク質を多く含み、むしろ糖質制限中でもすすんで摂取すべき食材。管理栄養士のたかはしかなこさんによると「タンパク質は、筋肉や内臓、血液、爪、髪、骨などの構成成分となり、免疫機能を高めるなど生命を維持するために欠かせないものです。タンパク質は20種類のアミノ酸が集まったものですが、そのうち9種は体内で作り出すことができない必須アミノ酸。肉やチーズなどの動物性の食品は必須アミノ酸をバランスよく含んでおり、体内で十分なタンパク質を生成することができます」とのこと。

 タンパク質が不足すると、貧血や肌荒れ、免疫力の低下などの不調が起こるといわれています。そのため、摂取カロリーを気にするあまりタンパク質を取らないでいることはおすすめできないそうです。

 「カルシウム、タンパク質が不足しがちな女性にとって、カルシウムを多く含み、吸収率もよい乳製品であるチーズと、タンパク質を多く含むお肉の組み合わせは、不足しがちな栄養素の補給になります。肉とチーズはタンパク質の構造が異なるので、組み合わせて食べることで、より効率よくタンパク質を取ることができます」(たかはしさん)

 ただ、肉とチーズという組み合わせを聞くと、脂質や糖質の取り過ぎが気になるところ。肉の種類や部位によってはエネルギーや脂質が多く、チーズも種類によっては脂質や糖質が多いものがあります。そこで注意したいのが低脂質のものを選ぶことだそうです。

 肉の選び方のポイントは、牛肉や豚肉なら、赤身の肉を選ぶこと。「モモ肉、ヒレ肉などの脂質が少ない部位を選ぶことで、タンパク質をしっかり取りながら、鉄や亜鉛などのミネラルも補うことができます。鶏肉なら低脂肪、高タンパクのササミやムネ肉がおすすめです。モモ肉も、皮や脂肪分を取り除いて調理することで、エネルギーや脂質を抑えることができます」と、たかはしさん。