美術の世界で女性活躍を支援し「ガラスの天井」を破ろうとする動きが活発だ。作品本位で実力勝負の世界とされるなか、例えば美術館の学芸員や来場者は女性が多いにもかかわらず、館長は男性が大半を占めているのが現状だ。多様性確保の面からも、取り組みに注目が集まっている。

縦約3メートル、幅約15メートルにわたるキャンバスに力強く「爆発」を描く巨大絵画、ラメ糸の絵や家を模した展示を組み合わせたインスタレーション――。8月に愛知県で開幕した国際芸術展「あいちトリエンナーレ2019」で話題を集める若手女性作家の作品だ。

会期後半に入った9月初旬の平日も、多くの人が作品に見入っていた。愛知県安城市から訪れた主婦(53)は「前回も見に来たけれど、今回もとても楽しめた。女性の出展が半分というのは良いと思う」と満足げに語る。

企画展が中止となった問題が話題を集めた同芸術展だが、開幕前から独自性を光らせていたのが、「作家を男女半々にする」という取り組みだった。芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏が中心となり、平等のメッセージを発信するねらいでキュレーターらが多くの女性作家を集めた。8月の開幕時点で93組の作家が出展した。なかでもメインの現代美術展とパフォーミングアーツでは女性が32組と男性の31組を上回り、過半を実現した。

男女比へのこだわりは、18年に発覚した大学医学部入試の不正がきっかけだという。これまでの国内の主な芸術展の作家を調べると、前回までのあいちトリエンナーレを含めて、いずれも男性が女性の3〜5倍に達したという。

津田氏は「男女半々にしても芸術展の評価は高く、質は落ちなかった」と話す。「イタリアのベネチア・ビエンナーレでも男女作家が半々になった。こうした取り組みは世界的な潮流になりつつある」

男女比が偏っているのは芸術展に参加する作家に限らない。文部科学省がまとめた2018年度「社会教育調査」の中間報告によると、18年10月現在、国内の主な美術館の館長450人のうち女性は僅か16.2%だ。一方で学芸員は60.5%を女性が占める。