全国区の人気を誇る北海道の菓子メーカー、六花亭製菓。今年放送されたNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」に登場する菓子店「雪月」のモデルの一つとなったことでも話題を集めました。元社長で現亭主の小田豊さんは、父の跡を継いで社長に就任すると、本業を飛躍させるとともに、本格的な音楽ホールを造って名だたる演奏家のコンサートを開催するなど文化事業にも力を入れてきました。なぜ小田さんが音楽ホールにこだわるのか。その理由を伺いました。

◇  ◇  ◇

六花亭には今、音楽ホールが3つあります。正確には4つかな。最初はここ帯広本店のビルの4階にあるはまなしホール。広間にひな壇と椅子を並べた、サロンコンサート用のホールです。それから札幌市内に本格的な音楽ホールが2つ。あとは、帯広市の隣の中札内村(なかさつないむら)に造った「六楽堂」。ここではバイオリニストの久保陽子さんが月に10日間くらい滞在して活動しています。久保さんに練習用のホールが欲しいと言われて、それなら造りましょうということになりました。

久保さんは、不思議なご縁が続いている方なんです。

■苦手だったクラシックが、「あれ、悪くないな」

僕には3歳上の姉がいて、姉は子どもの頃からピアノ教室に通い、クラシック音楽にも関心を持っていました。片や僕のほうは同じ教室に通っていたものの、先生に「また来ないわね」って言われるような状態。レッスンが嫌で仕方ありませんでした。

そんな姉が東京の女子大に進学して、3年後には僕も大学生になり上京。すると、東京で熱心に演奏会に通っていた姉にある時、「あなたもたまには聴きなさいよ」と誘われました。それで東京文化会館で聴いたのが、久保さんが演奏するメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲でした。

いたく感激したとかではないと思うし、それがきっかけで熱心にクラシックを聴くようになったわけでもありません。ただ、あの哀愁を帯びた有名な旋律で始まる曲が、どこか心に刺さったんですね。子どもの頃はあれだけ逃げ回っていたクラシック音楽の世界が、全然嫌なものではなかった。振り返ると、あれがクラシック音楽との出合いになるのかなと思います。