日本では11人に1人がかかる、女性にとって最も身近ながんは乳がんだ。乳房タイプに合った検診で、早期に発見しよう。早く見つければ治療法の選択肢も広がる。今回は、どんながんか、発症リスクが高いのはどんな人かなどを紹介する。

◇  ◇  ◇

女性がかかるがんで最も多いのが、乳がん。罹患数が年々増加し、この30年間で約4倍に増えた。日本人女性の11人に1人が発症している。30代後半から増え始め、ピークは60代、次に多いのが40代だ。70代以降での発症も少なくない。「もともとアジアでは40代が、欧米では60代以降が多い。日本でも近年は欧米型の“閉経後乳がん”が増えてきた。アジアと欧米の両方の特徴を併せ持った形」と、亀田総合病院乳腺科の福間英祐主任部長は解説する。背景には食生活の欧米化や体格向上などがあると考えられる。

(グラフ:増田真一、データ:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」より作成)女性のがん罹患数1位は乳がん。一方、女性のがん死亡数のトップ3は大腸がん、肺がん、すい臓がんで、乳がんは5位。乳がんは検診などで早期発見が可能で、他のがんより治しやすい傾向がある(データ:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」より作成)

「罹患数は1位だが、死亡率は5位と、他のがんに比べて予後がいいのが乳がんの特徴。ただし手術後10年くらいは再発の可能性が消えないので、他のがんよりも長い経過観察が必要」と昭和大学医学部乳腺外科の中村清吾教授は話す。

(図:三弓素青)

乳がんは、乳房の中にある乳腺にできるがんだ。発症には女性ホルモンのエストロゲンの影響が大きく、初潮が早い(11歳以下)、閉経が遅い(55歳以上)、初産年齢が遅い、出産・授乳経験がないなどが、発症リスクを高める。「つまり、月経回数が多く、エストロゲンにさらされる期間が長いほどリスクが上がる」(中村教授)。なお、閉経すると卵巣からのエストロゲンの分泌は止まるが、脂肪からエストロゲンが作られるので、閉経後の肥満には要注意。閉経前でも、BMIが大きいほどリスクが上がるとの報告がある。

また、食事や生活習慣も乳がん発症との関係が指摘されている。「発症リスクを上げるのは、飲酒や喫煙、夜更かしなど。逆に大豆食品の摂取や運動は発症予防に働く」と福間主任部長はアドバイスする。

◇  ◇  ◇

■ハイリスクの「遺伝性乳がん」

親子、姉妹などの近親者に乳がん経験者がいる場合も発症リスクが高まる。もし40歳未満で乳がんや卵巣がんになった近親者がいるなら、乳がんに関係する遺伝子に異常がある「遺伝性乳がん」の可能性もある。

「乳がん全体の5〜10%と数は多くないが、そうでない人より発症リスクが6〜12倍高くなり、発症年齢も早まる。可能性のある人はできれば遺伝カウンセリングと遺伝学的検査を受けて」と中村教授は呼びかける。

福間英祐さん
亀田総合病院(千葉県鴨川市)乳腺科主任部長。1979年、岩手医科大学卒業。専門は乳腺外科。聖路加国際病院、帝京大学医学部附属溝口病院などを経て、2000年から亀田総合病院で診療。日本乳癌学会専門医・指導医。日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会顧問なども務める。中村清吾さん
昭和大学医学部(東京都品川区)乳腺外科教授。1982年、千葉大学医学部卒業。専門は乳腺外科。聖路加国際病院ブレストセンター長などを経て、2010年から現職。日本乳癌学会監事、日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構(JOHBOC)理事長、日本外科学会理事なども務める。

(ライター 佐田節子、構成 堀田恵美)

[日経ヘルス2019年12月号の記事を再構成]