食事や運動など生活習慣に気をつけると、将来、認知症になるリスクを下げられることが分かってきた。しかし、実際に認知症予防を意識した生活を送っている人は、まだ多くはない。『医師が認知症予防のためにやっていること。』(日経BP)の著者である、認知症専門医の遠藤英俊さんによると、実は若い頃から取り組むと効果的な認知症予防があるという。

◇   ◇   ◇

■認知症予防は子ども時代から?

認知症といっても、若いうちから心配する人はあまり多くはない。年を取り、物忘れが増えてくると、「何か脳によいことをしたほうがいいかな」などと気にするようになってくる。

実際のところ、認知症予防にはいつ頃から取り組むのがいいのだろうか。認知症専門医の遠藤さんに聞くと、「認知症の予防は、子ども時代から始まっているんです」という意外な答えが返ってきた。

「2017年に医学雑誌『ランセット(Lancet)』が発表した論文では、アルツハイマー型認知症の『自分次第で改善できる9つのリスク要因』として、小児期のリスクに「低学歴(11〜12歳で教育が終了)」が挙げられていました(Lancet. 2017;390:2673-734.)。早く教育が終わってしまうことが、将来の認知症につながってしまうのです」(遠藤さん)

日本では高齢人口が急速に増え続けているので、認知症患者数も増加の一途をたどっている。しかし、米国、英国、オランダなどでは、逆に患者数が減っているのだ。これは、高学歴の高齢者が増えているためではないかといわれている。

「日本の義務教育は15歳まで続くので、『11〜12歳で教育が終了』という事態はあり得ません。ただ、できるだけ学歴を伸ばし、頭を使う経験を積むほうがいい、というのが私の考えです。すると、認知能力の“余力”が生まれ、それが認知症の発症を防ぐのです。子育てをされている方にはぜひ、意識してもらいたいですね」(遠藤さん)

『ランセット』の論文が画期的だったのは、アルツハイマー型認知症のリスク要因を評価し、「自分次第で改善できる」という観点からまとめたことだ。これは、2019年にWHO(世界保健機関)が初めて発表した「認知症予防ガイドライン」の土台にもなっている。

「アルツハイマー型認知症のリスク要因として中年期(45〜65歳)に気をつけなければならないのは、高血圧、肥満、難聴の3つです。これは『ランセット』の論文で明らかになったことで、一言でいうならば、生活習慣病対策をきちんとやる、ということです」(遠藤さん)