子を育てるということは、次の時代をつくること。どんな価値観をもった人間になるかは、子育てが左右する。でも、一人ひとり個性も成長スピードも違う。もちろん、育てる私たちも。では聞いてみよう。世界をよく知り、がんばって働き、自分らしく伸びやかに生きる女性たちに。子育てで本当に大切なことが見えてくるはずだ。

ジェンダー・国際協力の第一人者として活躍する大崎麻子さん(49)。想定外な出来事を何度も経験しながら視野を広げ、知識を深めていった。キャリアを支えてくれたのは、いつも子どもたちだ。そんな大崎家の座右の銘は「流れ着いた先が最高の場所」。目の前のことに一生懸命取り組むことで道は開けるという。

■息子が教えてくれた「ヒューマンライツ」

上智大生の時に米ペンシルベニア州の女子大に留学しました。そのとき出会ったのが前の夫です。その後彼はニューヨークに勤務し、私は帰国して大学を卒業。すぐに結婚しようという話になりました。ところが親、特に母親は猛反対。「結婚は束縛の制度。なぜそんなものに自ら好んで縛られるのか」とさえ言うのです。母は四年制の大学を卒業したものの父と結婚して専業主婦になったので、私には仕事をして経済的に自立してほしかったようです。でも当時の私は恋愛に夢中。NYに行く理由をつくるためにコロンビアの大学院に進学を決め、親を説き伏せました。大学を3月に卒業して5月に渡米、8月から大学院に進学する予定でした。ところが直前の7月に妊娠が分かったのです。

当然、進学はあきらめようと思いました。母親なら家で子育てに専念するのが当たり前だと思っていたからです。早速、事務局に行って事情を説明し、入学辞退を申し出たら「なぜ?」と聞かれます。「私は妊娠していて、これから出産するんです」と説明しても「そんな人はたくさんいる」と。「学期途中に出産予定の人もいるのに、なぜあなただけできないと思うのか」と問われ、自分の思い込みにハッとしました。専攻するはずだったジャーナリズムは実地の取材などが多いこともあり、ヒューマンライツ(人権)に切り替えて進学することになりました。

目の前のことに一生懸命取り組むことで道は開けると信じ、育児や仕事に奮闘してきた

でも人権について学ぶ同級生は皆、想像通りゴリゴリでバリバリの人権活動家や弁護士たち。直前で専攻を変えた私はその熱い議論についていけず、毎日身を潜めるようにして過ごしました。女性の人権に関する授業では、四十数人の参加者が全員女性です。講師と共に毎回、怒りの決起集会が繰り広げられました。今ならその輪に入って声を上げていると思いますが、当時の私は「なんでこの人たちはいつも怒っているんだろう」と不思議な気持ちでした。知識も経験も圧倒的に不足していたのです。とても続けられる気はしませんでしたが、出産を機に、私の意識は大きく変わります。

半年間休学してNYで出産しました。生まれたばかりの息子はやがて目の焦点が合うようになり、寝返りをうつようになり、言葉を発し始めます。その生命力や成長力に日々接していると、「人権」の大切さを実感するようになりました。特に世界人権宣言は結びの30条で「この宣言のいかなる規定も、いずれかの国、集団又は個人に対して、この宣言に掲げる権利及び自由の破壊を目的とする活動に従事し、又(また)はそのような目的を有する行為を行う権利を認めるものと解釈してはならない」とあります。全くその通り。私も、息子だけではなくすべての子どもの人権が守られる世界をつくらねば!と、一気に視野が縦にも横にも広がりました。3月に出産して8月に復学すると、人が変わったように勉強しました。子どもの人権に携わる仕事がしたいと思いましたが、そんな簡単な仕事ではないとすぐに思い知らされます。