TOKIOの長瀬智也さんが能楽師宗家の家に生まれながらプロレスラーになる奇想天外な主人公を演じているドラマ『俺の家の話』(TBS系)が好評です。3月末でジャニーズ事務所を退所し、裏方として新しい仕事の形にチャレンジする予定の長瀬さんにとっては、最後の主演ドラマとなります。

■宮藤官九郎さん脚本のホームドラマ

ドラマの主人公・観山寿一は、伝統芸能の家で育ったものの、25年前に実家を捨ててプロレスラーに転身してしまったという人物。そうしたなかで、西田敏行さんが演じる観山流の宗家である父・寿三郎(人間国宝)が危篤になったとの知らせを受け、実家に帰ることになり、介護問題も発生する……という流れで物語が進んでいきます。軽快なセリフ回し、リズミカルな展開で目が離せません。脚本を担当する宮藤官九郎さんと主演の長瀬さんによる名コンビの最高傑作と言える作品になりそうです。

2人は、TBSの連続ドラマで11年ぶり4度目のタッグです。これまで『池袋ウエストゲートパーク』や『タイガー&ドラゴン』など、様々な話題作がありました。

今回の『俺の家の話』も、ドラマ放映と同時に登場人物の名前である「寿限無」がツイッターでトレンド入りしたり、長瀬さんのプロレス技について盛り上がるなど、ネットでも話題を集めています。

第1話のプロレスシーンで登場した長瀬さんの姿はプロレスラーそのもの、体重を12キロも増量しマッチョに仕上がった肉体だったのです。チーフプロデューサーの磯山晶さんは『ザテレビジョン』の記事で、この長瀬さんの肉体づくりや役づくりに対するプロ意識の高さを称賛していました。

長瀬さんの俳優としてのキャリアは28年に及びます。ドラマデビューは、1993年の学園ドラマ『ツインズ教師』(テレビ朝日系)の生徒役。その後、『白線流し』(フジテレビ系)で主演、『Days』(フジテレビ系)で月9初主演など若手人気俳優の道を歩み始めます。

そして、代表作の一つと言える『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)で脚本家の宮藤さんとタッグを組むことになり、同じコンビで臨んだ『タイガー&ドラゴン』(TBS系)や『うぬぼれ刑事』(TBS系)など、話題となったドラマの主演を務めただけでなく、『空飛ぶタイヤ』など社会派映画にも主演するようになりました。

長瀬さんの28年に及ぶキャリアをたどると、アイドル的な人気を集める作品というよりは、物語の面白さで視聴者をひきつける作品が目立ちます。そして、女性だけでなく男性人気も高いという特徴が浮かび上がってきます。

長瀬さんは顔立ちをはじめ、背丈やスタイルなど、容姿はどれをとっても完璧に近く、まさに眉目秀麗という言葉がぴったりです。そして今の時代だけでなく、昭和の銀幕の世界に登場したりしても、平成で台頭したハイビジョン画面に登場したりても、どの時代においても「二枚目」に位置する俳優さんだと思います。しかも女性だけでなく男性人気も高い。そういう意味では、長瀬さんは二枚目俳優として全方位の完璧な要素を持ち合わせているのです。

ですが、長瀬さんの役者としてのキャリアを俯瞰(ふかん)すると、容姿に頼らず、役柄になりきることで実力が発揮できる役者さんだということがわかります。

それは長瀬さん自身が、二枚目の役柄だけでは、「どの役を演じても長瀬智也っぽい」というイメージが定着してしまうリスクを直観的に感じ取っており、そう見えないように自身を客観視しながら変幻自在に役を演じる力を養い続けてきたからなのかもしれません。そして、主観的な疑問や理屈を持たず、振られた役柄に真摯に応じる長瀬さんならではの素直さもあるように思います。