様々な生活習慣病やがんの引き金になる「万病のもと」として近年注目されている慢性炎症。じわじわと体をむしばむ慢性的な炎症を抑えることは、健康長寿につながる。まずはその仕組みを正しく知ろう。

炎症は本来、悪者ではない。体の異常事態を元に戻そうとする防御反応だ。

例えばウイルスが侵入し風邪をひくと、免疫細胞から炎症性サイトカインというタンパク質をはじめ、炎症を促す炎症性物質が産生される。すると免疫システムが刺激され、ウイルスを排除しようと攻撃を始める。熱が出たりのどが腫れたりするのは、こうした体の修復過程で一時的に起こる急性炎症だ。修復が完了すると炎症は治まる。

一方、自覚症状のない弱い炎症が、体内で長期にわたってじわじわ続くという現象が近年知られるようになってきた。これが慢性炎症である。

炎症が収束せずに慢性化すると、炎症性物質が必要以上に作られ、免疫システムが過度に活性化する。そして正常な細胞まで傷つけるようになり、やがて重篤な病気を引き起こす。動脈硬化、糖尿病、高血圧、がん、認知症など慢性炎症が関わるとされる病気は枚挙にいとまがない。

慢性炎症の第一の原因に挙げられるのは内臓脂肪型肥満だ。食べ過ぎや運動不足で内臓脂肪が過剰に蓄積すると、肥大化した脂肪組織を余計なものとみなした免疫細胞が炎症性物質を大量に産生する。このため脂肪組織が慢性的な炎症状態になる。

写真はイメージ=PIXTA

「おなか周りにたまる内臓脂肪には、口から有害物質が入ってきがちな胃や腸を守るバリアの役割がある。だからもともと免疫細胞が多く炎症を起こしやすい」。九州大学病院内分泌代謝・糖尿病内科、肝臓・膵臓(すいぞう)・胆道内科の小川佳宏教授はこう解説する。

さらに「炎症性物質は局所にとどまらず、臓器間をつなぐ代謝ネットワークを介して全身に波及する」と小川教授。火種である脂肪組織から飛び火した炎症が、血管壁でくすぶるように続けば動脈硬化、肝臓で続けば脂肪肝、膵臓で続けば糖尿病の発症リスクになる。小川教授は「そこからまた別の臓器や組織に次々悪影響を及ぼす可能性がある」と警鐘を鳴らす。