お酒を飲んで記憶をなくすたびに、「認知症」のリスクが心配になるという酒ジャーナリストの葉石かおりさん。同じように感じる酒好きは多いかもしれません。このほど、「少量の飲酒でも継続することで脳が萎縮する」という研究結果が発表になりました。不安になった葉石さんは、臨床脳研究の第一人者で、自然科学研究機構生理学研究所名誉教授の柿木隆介氏に、アルコールと脳の関係について詳しく聞きました。

◇   ◇   ◇

「あれ、昨日の飲み会でお金払ったっけ?」

飲み過ぎて記憶がなくなった翌日、そんなふうに心配になる酒飲みは多い。「まん延防止等重点措置」が明け、久しぶりに会った方と深酒をした翌朝は、案の定こんな感じでスタートした。

リビングから玄関へ、点々と置き去りにしたアクセサリーや時計などを拾いながら、玄関を見てハッとした。昨日、履いていた靴がないのだ。

そして、ドアを開けてみると、そこにはなぜか脱いできれいにそろえられた靴が置いてあった。

葉石かおりさん最新刊『名医が教える飲酒の科学』

久々のやらかしに自分でも大爆笑。しかし、その一方で、「靴を玄関の外に置き去りにしたことを覚えていないなんて、長年の飲酒で脳が萎縮してしまっているのではないか」と不安になった。

多量の飲酒を長年続けていると、脳が萎縮してしまうという話は聞いたことがある。しかも、最近になって、それほど量は多くなくとも、つまり「ほどほど」の飲酒でも、習慣的に続けると脳は萎縮する可能性があるという研究結果[注1]が発表された(参考記事「習慣的な飲酒 少量でも脳に悪影響を及ぼす恐れ」)。

もしそれが本当なら、やはり私の脳も飲酒の影響で何らかのダメージを受けているのかもしれない……。

これはもう、脳の専門家に確かめるしかない。臨床脳研究の第一人者であり、自然科学研究機構生理学研究所の名誉教授で、『脳にいいこと 悪いこと大全』(文響社)などの著書がある医学博士の柿木隆介氏にお話を伺った。

少量でも習慣的に飲酒を続けると、脳が萎縮してしまうことが、英国の中高年約3万7000人を対象とした研究で明らかになった(写真はイメージ=PIXTA)

[注1]Nat Commun. 2022 Mar 4;13(1):1175.