ネスレ日本のティーマシン「SPECIAL.T(スペシャル.T)」の利用者が拡大している。これまでは30〜40代の女性のユーザーが多かったが、60歳以上のシニア層のユーザーが増えているという。その背景を探った。

■「日本人好み」の緑茶で売り上げが2倍に

 スペシャル.Tは茶葉を封入した独自のカプセルを装填してお茶を抽出するマシン。ネスレ日本が展開する「ネスプレッソ」のお茶バージョンだ。ネスプレッソなどのコーヒーマシンと違う点は、茶葉に合わせて最適な抽出温度をマシンが自動で設定してくれること。紅茶なら高温で、日本茶なら比較的低い温度で抽出するという。2010年に欧米で発売後、2013年から日本でも展開。日本茶の製造販売を行う福寿園(京都府木津川市)と共同開発したカプセル「京の匠福寿園」シリーズを発売したところ、カプセルの売り上げが伸長。2017年の売り上げは2014年の約2倍になったという。

 ネスレ日本によると、スペシャル.Tの利用シーンはオフィスが4割、家庭内が6割で、登録ユーザーの約8割が女性。ユーザーの中心は30〜40代だ。同社は女性が好むお茶としてフレーバーティーに着目。お茶の専門店として全国160店舗以上を展開するルピシア(東京都渋谷区)に声をかけた。

ネスレ日本のグンター スピース専務(写真左)とルピシアの森重かをり社長(写真右)「SPECIAL.T blended by LUPICIA」(各10カプセル入り、1000円)。紅茶にフレーバーをつけた「さくらんぼ」(写真左)、ノンカフェインの「ルイボス ハニー&フルーツ」(写真中央)、ほどよい甘みとコクの「セイロン」(写真右)など、全6種類

 ルピシアは紅茶だけでなくウーロン茶や日本茶、オリジナルのブレンドティーやフレーバーティーを自社工場で製造している。会員を対象に無料送付している情報誌の発行部数は月間36万部で、会員の約8割が女性だという。まさにスペシャル.Tのターゲットと合致しているというわけだ。2018年3月には、ルピシアと共同で開発した専用ティーカプセルの新シリーズ「SPECIAL.T blended by LUPICIA」を発売。紅茶やフレーバーティー、ハーブティーなど全6種類のカプセルを用意した。