日経PC21では2月号で「Windows10新版全解説」を特集した。その中で特に反響の大きかった記事を紹介する。今回は何かとうるさいウィンドウズのアップデートを止める方法について。

◇  ◇  ◇

ウィンドウズの更新に関する不満で多いのが、勝手に再起動したり、起動時に長い時間を待たされたりすること。こんなことが仕事でプレゼンしているときなどの重要な場面で起こったら最悪だ。勝手な更新に邪魔されたくないなら、事前に設定変更などをして対策しよう。

■アクティブ時間を長めに設定、更新を35日間延長する新機能

再起動されるのを防ぐには「アクティブ時間の変更」の設定を見直すのが手っ取り早い。普段からパソコンを使っている時間帯をアクティブ時間として登録し、その間は自動で再起動が実行されないようにする。標準では8時〜17時に設定されているので、使い方に合わせて終了時刻をもっと遅くすればよい。

自動で再起動されない時間帯を指定するには、スタートメニューの歯車ボタンをクリックして「設定」画面を開き、「WindowsUpdate」メニューの「アクティブ時間の変更」をクリックする開いた画面で時間帯を指定する(1〜3)。ここでは8時〜20時までに変更した。最大18時間まで禁止にできる。「保存」を押せば完了(4)

自動更新のタイミングを先延ばしするというのも手だ。バージョン1903以降であればホーム版でも最大35日間の一時停止が可能となった。「更新を7日間一時停止」をクリックするたびに7日ずつ延期される。

バージョン1903以降ならホーム版でも自動更新を先延ばしできる。「Windows Update」メニューを開いて「更新を7日間一時停止」を押す(1)。1回押すごとに7日、最大35日間まで延ばせる(2)日付指定で更新を止めるときは、一つ上の図で「詳細オプション」をクリックする。上の画面が開いたら「一時停止期間」欄の日付をクリックし(1)、希望の日付を選択する(2)

ピンポイントで日付を指定したい場合は「一時停止期間」のリストから日付を選べばよい。プロ版は大型アップデートを最大365日、セキュリティの更新を30日延ばすという機能を以前から搭載している。

プロ版のみ「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」欄がある。「機能更新プログラム…」欄は大型アップデートが対象で最大365日間の先延ばしが可能。「品質更新プログラム…」欄は毎月のセキュリティ更新が対象で、最大30日間延ばせる

自動更新をやめて手動に切り替える奥の手もある。フリーソフトの「Windows10 設定変更ツール」を使えばよい。ウィンドウズに常駐してアップデートが始まったら瞬時にブロックしてくれるソフトだ。いつでもブロックを解除できるので、仕事が終わった後の帰宅前など余裕があるときに、手動でアップデートすればよい。ただし、更新を止めたままにするのはセキュリティー上のリスクが高まるため、定期的な更新を忘れないようにしてほしい。

上記URLのサイトからZIPファイルをダウンロードし、それを展開して中の実行ファイルをダブルクリックして起動するソフトの画面が開いたら「1、WinUpdateManagerを…」を押し(1)、続いて「2、登録されたWinUpdateManager …」を押す(2)。これで画面を閉じてよい通知領域に表示される同ツールのアイコンをダブルクリックする(1)。開いた画面でアップデートを許可する曜日と時刻のチェックがすべて外れていればよい(2)。これですべての更新をブロックできるウィンドウズを手動で更新するときは、通知領域のアイコンを右クリックし(1)、「監視機能を無効にする…」を選ぶ(2)。その後、「設定」画面からウィンドウズアップデートを実行する

[日経PC21 2020年2月号掲載記事を再構成]