画像から人物だけを切り抜き、はがきなどに貼り付けたりSNSのアイコンに使ったりすることがある。そんなときはフリーソフトの「エーアイビージーイレーサー」を活用したい。画像内に写っている人物を人工知能(AI)が自動判別し、背景だけを自動で削除できる。

このソフトの魅力は、難しい画像編集のスキルを一切必要とせず、「AIまかせ」にするだけで誰でも切り抜けること。利用者は画像をソフトに登録して実行ボタンを押すだけだ。

AIによって自動的に背景が削除され、人物のみが残った画像が完成する。切り抜きにかかる時間はわずか数秒と待たされない。海外製のソフトでメニューはすべて英語だが、操作で迷うことはないので安心だ[注1]。

■複数の人物、モノを写した画像でも切り抜ける

公式サイトには2種類の実行ファイルがあるので注意。サイト上の「DOWNLOAD FOR WIN」をクリックし、ウィンドウズ版をダウンロード。その実行ファイルをダブルクリックしてインストールする。

提供元のウェブサイトを開いて、左側の「DOWNLOAD FOR WIN 」ボタンを押し、実行ファイルをダウンロードする。それをダブルクリックしてインストールする[注2]

基本的な使い方を身に付けよう。ソフトを起動したら、メニューの「Add Images」ボタンをクリックしてフォルダー内に保存された画像を選ぶか、画面中央に画像を直接ドラッグすればよい。一度の操作で5つまで登録可能だ。あとは「Remove」ボタンを押し、自動の処理が終わったら「DOWNLOAD」を押せば「PNG」形式で保存される。画像のサイズが縦または横2000ピクセル(ドット)を超えると、処理を失敗することがあるので注意しよう。

画像内の人物を切り抜くには、ソフトを起動し、「Add Images 」ボタンをクリックする(1)。開いた画面で目的の画像を選ぶ(2、3)。最大5点までまとめて登録できる[注3]上図で選んだ画像が画面上に登録されたら(11 )、「Browse 」ボタンを押し、切り抜いた画像の保存先を選択する(2)。その後「Remove」ボタンを押すと(3)、処理が始まるのでしばらく待つ。完了後の表示画面で「DOWNLOAD」ボタンを押して保存する(4)切り抜かれた画像は「PNG」形式となり、指定したフォルダーに保存される

切り抜き機能は応用が可能だ。1枚に複数の人物が写っていても、一度の操作で全員分をまとめて切り抜ける。対象は人物だけではない。猫や犬などの動物や、モノであっても主役がはっきりしていれば切り抜ける。ただし、風景画像やピントが合っていない写真、人物と背景が同色であった場合は失敗することがある。

さまざまな構図の画像を使い、切り抜きの精度を試した。複数の人物が同時に写っている場合でも一度に全員が切り抜かれた。モノ(ここでは弁当)でも成功した

なお、公式サイトではウェブ版も提供されている。ソフトをダウンロードすることなく、サイト上に画像を追加するだけで背景を削除できる。

[注1]このソフトは、使用時にインターネット接続が必要なので注意。ネットに接続していない環境ではエラーが表示される。

[注2]初回起動時にウィンドウズの保護画面が表示された場合は、「詳細情報」をクリックし、「実行」ボタンを押す。

[注3]画像サイズは、縦または横が2000ピクセルまでに制限されている。ただ2000ピクセルを超える画像も切り抜けることがある。

(ライター 三浦亜有子)

[日経PC21 2020年6月号掲載記事を再構成]