高速道路を走っていたら、バックミラーに入りきらないほどぴったりと車間距離を詰められた。突然目の前に割り込まれ、急ブレーキをかけられた――。最近、テレビでいわゆる「あおり運転」の様子を目にする機会が増えている。映像は、クルマに設置されたドライブレコーダーで撮影されたもの。あおり運転の社会問題化に伴い、運転の様子を映像で記録するドライブレコーダーが注目を浴びている。

■あおり運転を取り締まる「妨害運転罪」が新設

2020年6月30日、あおり運転を取り締まる「妨害運転罪」が盛り込まれた改正道路交通法が施行された。今回の改正により、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持といった妨害運転が厳正な取り締まりの対象となり、免許取り消しや懲役といった罰則が設けられた。

「あおり運転を映像に残すためには、前方だけでなく後方も映せるドライブレコーダーを選ぶ必要があります」とカー用品大手のオートバックスを運営するオートバックスセブンIR・広報部の鈴木政和氏は強調する。あおり運転は、後ろから車間距離を詰められるケースが多く、正面だけを映すタイプのドライブレコーダーでは肝心の場面が映らないのだ。

■「前後2カメラ型」か「360度カメラ型」か

あおり運転に対応するドライブレコーダーの種類として、鈴木氏は「前後2カメラ型」「360度カメラ型」の2つのタイプを挙げた。「前後2カメラ型」は、前方、後方にそれぞれ1つずつカメラを設置する、あおり運転対応ドライブレコーダーの主流となっているタイプ。最近はフルHDの解像度を備えていたり、夜間でも明るく撮影できたりとリアカメラの性能も向上しており、車間距離を詰めてきたクルマのナンバーをしっかりと記録してくれる。

「360度カメラ型」は、 1台で前後左右360度を撮影できるのが特徴だ。前後2カメラ型だと死角になる、クルマの側方や室内の様子も記録できる。19年に起きたあおり運転事件ではドライバーが殴られる映像がテレビで流れたが、このようなシーンに対応できるのが360度カメラ型の強みだ。半面、後方の様子はリアウインドー越しの撮影となるため、前後2カメラ型ほど鮮明には映らない。このため製品によっては360度カメラとリアカメラを組み合わせているものもある。

カメラのタイプ別に、オートバックス店舗での売れ筋モデルを聞いた。それぞれ特徴があるので、自分の運転状況に合わせて、最適な1台を選んでほしい。

■前後2カメラ型でナンバーを記録

コムテック ZDR025、実売価格:3万3000円前後(税込み、以下同)

コムテックはドライブレコーダー大手の一社で幅広い機種ラインアップを持つ。もともとはレーダー探知機のメーカーとして知られていた。「ZDR025」は前後ともフルHD(200万画素)の解像度を備えるスタンダードモデル。特にリアカメラには夜間撮影に強いソニー製のセンサー「STARVIS」を搭載。フロントカメラの視野角は172度、リアは167度と、ともに十分な広さを持つ。トンネル出口など、明暗差の激しい状況でも白飛びを抑えるHDR機能も備えている。録画した映像や各種走行データを見るための閲覧ソフトは、Windows 7/8.1/10に対応する。

ケンウッド DRV-MR745、実売価格:3万3000円前後

オーディオ製品やカーナビでも知名度があるケンウッドも、ドライブレコーダー大手の一社。「ブランドへの信頼感から選ぶ人も多い」と鈴木氏。ケンウッド「DRV-MR745」は、解像度は前後フルHDで、HDR機能も搭載。リアウインドーがスモークガラスになっているクルマ向けに、画像の明るさを3段階で選べる「スモーク シースルー機能」を搭載する。録画映像や走行データの閲覧ソフトはWindows 7/8.1/10に加え、Mac OS X 10.7以降にも対応。Macユーザーにとっては貴重な選択肢だ。

セルスター工業 CS-91FH、実売価格:4万4000円前後

セルスター工業もレーダー探知機メーカーとして知られているメーカーだ。「CS-91FH」はソニー製STARVISセンサーの中でも特に暗所性能が優れるセンサーを採用。夜間走行はもちろん、トンネル内やスモークガラス越しなど、光量が少ない場面でも明るく撮れるのが特徴だ。あおり運転などで後続車が接近すると自動的に警告音を鳴らす機能や、録画を保存する機能も搭載されている。映像・走行データの閲覧ソフトはWindows版のみ。