リモートワークなど、働き方が変化したことで、新しい生活様式に合った機能的かつ実用的な衣料品に注目が集まっている。今回は、オフィスカジュアルに対応する上品なデザインで、シャープなのに快適に着こなせる、ストレッチ素材を使用したオン・オフ兼用スラックスを紹介する。通勤や休日の街歩きはもちろん、リモートワーク時のパンツとしても重宝するはず。

■シワになりにくいストレッチ生地を使用

ABAHOUSE×Studio Opt「イージースラックス」(1万1000円・税別、以下同)

セレクトショップのアバハウスインターナショナル(東京・渋谷)と、デジタルマーケティング企業のオプト(東京・千代田)の協業による「IT-JACKET PROJECT」の「イージースラックス」。ビジネスパーソンが心地良く機能的に働けるように、素材や縫製にこだわっており、同シリーズのジャケットとのセットアップにも対応する。

縦横に伸縮する2wayストレッチ生地を使用。着席時も窮屈さを感じることがなく、ウエストはひものついたドローコード仕様で調節可能なため、おなかまわりも苦しくない。ベルトループもついているので、ベルトをすればオフィスでも着用できるだろう。ウエスト部分の裏地には、シャツの裾が出ないように滑り止めテープもついている。

ウールのような風合いだが、ポリエステルを主とした化繊生地を使用している。そのため速乾性があり、3シーズン着用可能だ。シワにもなりにくく、形態安定性に優れたウオッシャブル仕様なので、自宅で洗濯後、アイロンがけをしなくても着られるのがうれしい。

IT-JACKET PROJECTは、2019年11月にクラウドファンディングサービスで55日間の先行予約販売を実施。セットアップ・ジャケット単品・パンツ単品で合計923万円を受注したヒット商品だ。「パンツ単品の販売実績(9月2日現在)は、店頭一般販売と受注販売を合わせると約460本、500万円程度の売り上げ」とアバハウスインターナショナルのメンズPR小林肇氏は話す。

長時間デスクワークを行うIT職、外回りで歩くことが多い営業職など、幅広いビジネスパーソンから支持を得ているという。機能面に加えて、「手の出しやすい価格も人気の理由ではないか」と小林氏は分析する。

伸縮性の高いストレッチ生地を使用。通勤もデスクワークも快適

■おなかを締め付けないサイドリブ付き

ナノ・ユニバース「サイドリブイージースラックス」(7000円)

「働き方の変化からジャケパンスタイルやイージーパンツで出社される方が多くなっている」と話すのは、ナノ・ユニバース(東京・渋谷)のプレス山内良太氏。機能的なウエアの需要は年々高まり、同社も積極的にラインアップを拡充しているという。

そんなナノ・ユニバースの注目作が、レーヨンを主とした化繊生地を使用し、抜群のストレッチ性を持つ高機能スラックス「サイドリブイージースラックス」だ。細身でシャープなシルエットながら、快適なはき心地を実現している。

ウエストはドローコード仕様となっており、さらに両サイドにリブを付けている点が特徴だ。伸縮性の高いサイドリブにより、着席時もおなかまわりを締め付けることがなく、長時間のデスクワークも快適に行える。

イージースラックスだが、センターシーム入りで上品な仕上がり。また、生地には格子柄の織り柄が細かく入っており、さりげないポイントとなっている。スタイリッシュなくるぶし丈で着まわし力も抜群だ。

本作はオフィスカジュアルに最適で、オン・オフ問わず着用できることから、20代後半〜40代のビジネスパーソンに支持されているという。

ウエストの両サイドにリブを採用。おなかまわりの締め付けを緩和