図1 パソコンやスマホを必要とせず、本体のみ(スタンドアローン)で動作するVRゴーグル。「オキュラスクエスト」シリーズの第2世代モデルとして発売。前モデルから性能が向上、小型化が図られた。手軽にVR映像を視聴したりVRゲームをプレーしたりできる「Oculus Quest 2(オキュラスクエスト 2)」(フェイスブック)
●ディスプレー:液晶 ●解像度:片目1832×1920ドット ●トラッキング:6DoF(6軸自由度) ●IPD 調整:3段階 ●SoC:Qualcomm Snapdragon XR2 ●メモリー:6GB  ●ストレージ:64GB /256GB ●バッテリー駆動時間:2〜3時間 ●サイズ:幅191.5×奥行き102×高さ142.5ミリ ●重さ:503グラム ●実売価格 3万7000円前後(64GB) 4万9000円前後(256GB)

フェイスブック製VRゴーグルの最新版が「オキュラスクエスト2」だ(図1)。パソコンやスマホを使わずに単独で動作するモデルで、これ1台で本格的なVRゲームや高精細なVR映像を楽しめる[注]。

前モデルからプロセッサー(SoC=システム・オン・チップ)やメモリーなどの性能が強化され、ディスプレーの解像度も向上。新たに256ギガの大容量ストレージモデルも用意する。軽量化も図られ、顔に長時間装着しても疲れにくくなった。

図2 本体前面にある4つのカメラで空間を認識(左)。頭の動きに加え、身体全体の空間内での移動も検知できる。背面の2つの液晶ディスプレーを左右の目で同時に見ることでVR映像(立体視)を視聴できる仕組みだ(右)

本体前面の4つのカメラを利用して空間を認識することで、頭の動きだけでなく、身体の空間内での移動も検知(図2)。これにより、頭の動きに合わせて視点が切り替わるのはもちろん、仮想空間内で歩いたり座ったりするといった動作も可能になる。本体にはカメラのほかに、充電などで利用するUSBタイプC端子やイヤホン端子も装備する(図3)。

図3 本体の側面のUSBタイプC端子にUSBケーブルを接続してバッテリーを充電する。反対側に電源のオン/オフボタンを備える図4 電源をオンにした後のメイン画面[注]。360度の仮想空間上にメニューが表示さ れ、2つのコントローラーで操作する。頭を上下左右に動かすことで視点を移動できる

電源を入れると360度の仮想空間内にメニューが表示され、付属のコントローラーで操作する(図4)。公式ストアにはゲームなどの多彩なコンテンツが用意されており、無料の「ユーチューブVR」アプリなら手軽にVR映像を楽しめる(図5)。

図5 VRを楽しむには「オキュラスクエストストア」からアプリをインストールする。無料の「ユーチューブVR 」アプリなら手軽にVR 映像を視聴できる。標準搭載するブラウザーでネットの閲覧も可能だ

コントローラーは2つ付属するが、同時に使うのは主にゲームをプレーするときだ。両手を使った複雑な操作が可能となる(図6)。VR映像の視聴などは、片方のコントローラーだけで操作できる。

図6 練習用のチュートリアルの画面。コントローラーを操作してアイテムを持ったり握ったラケットを振ったりするなどの動作ができる。握り拳を作ったりすることも可能だ

[注]利用するにはフェイスブックアカウントでのログインが必要

(ライター 石坂勇三)

[日経PC21 2021年2月号掲載記事を再構成]