インターネット上のプラットフォームで自由にトークを楽しむ、音声配信の世界が広がる。どんな準備をすればいいのか。運営企業や人気コンテンツを作る人たちに聞いて挑戦した。

「ツイッターなどを楽しむように個人が気軽に音声配信できるようになった」。2016年に音声配信サービスを開始したVoicy(ボイシー、東京・渋谷)代表の緒方憲太郎さんは解説する。

ネットにラジオ番組などを配信する「ポッドキャスト」はあるが、サーバーの用意などが壁となり、個人には難しかった。だが、スマートフォン上のアプリで収録から配信までできるプラットフォームを提供する企業が現れた。

コンテンツ投稿プラットフォームを運営し、日本経済新聞社が出資するnote(東京・港)など既存のメディアも音声配信に対応、ツイッターも試験的に始めた。スマートスピーカーなどの登場に加え、コロナ禍により自宅で「ながら聞き」する時間が増え、人気が一気に高まった。

まずは、音声配信を始める際に気をつけるべきことを、人気配信者に聞いた。

stand.fm(スタンドエフエム)で音声配信デビューし、Voicyで番組を始めたエージェントゆき(綾瀬友希)さんは「コンテンツの内容や雰囲気が自分に合っているかを確かめて、配信プラットフォームを決めるのが第一歩」と話す。

マイクに向かって話そうとすると緊張する。言葉が切れるとやたらに「えー」と言ってしまう。途中で頭が真っ白……。どうすればいいのか。

エージェントゆきさんは「収録前に思考のプロセスをマインドマップにまとめるのがお勧め。回数を重ねるうちに内容も整理でき、自然に話せるようになります」と話す。

Voicyで番組を持つ声優の平野文さんは「見えや受けようという気持ちを捨て、素直に話すことから始めましょう。詰まったら『頭が真っ白になりました。ちょっと待ってくださいね』と言えばいい。沈黙はかえっていい感じの間になります」とアドバイスする。