アップルが発売した紛失防止トラッカー「AirTag」

米Apple(アップル)が紛失防止トラッカー「AirTag(エアタグ)」を2021年4月30日に発売した。バッグや自動車のカギといった身の回りの持ち物に装着し、iPhoneやiPadなどアップル製品の「探す」アプリを使って位置を追跡できるBluetooth対応のトラッキングデバイスだ。実機を試し、アップルが初の紛失防止トラッカーを商品化した狙いについて読み解いていこう。

■1個3800円で買えるコンパクトで簡単なAirTag

AirTagは最新版のOS(基本ソフト)をインストールしたiPhoneやiPadなどの「探す」アプリを使って位置を追跡できる紛失防止トラッカーだ。AirTagは1個3800円、4個1万2800円(いずれも税込み)なので、手ごろなアップルのデバイスといえる。

iPhoneとのペアリング、ユーザーのApple IDを登録する手順はとても簡単だ。電源を入れたAirTagをiPhoneなどのデバイスに近づけると、画面にセットアップのガイダンスがポップアップする。あとは画面に表示された手順に従って、AirTagを識別できるように名前を付けるだけでいい。

最新のiOSをインストールしたiPhone/iPadにAirTagを近づけると自動的にペアリングが始まる

1人のユーザーが自分のApple IDに複数のAirTagを登録して使うことも可能だ。逆に1つのAirTagに複数のApple IDを登録してシェアすることはできない。そのため、例えば家族で共有している自家用車のカギや旅行用バッグなどで使用したい場合、各自が都度AirTagを付け替える必要がある。

AirTagを付けた持ち物は、アップルデバイスの「探す」アプリを開くと「持ち物を探す」というタブにリスト化されて並んでいる。探したいアイテムを選んで「サウンドを再生」すると、AirTagからビープ音が鳴る。自宅の部屋で迷子になっているAirTagを装着したカギやハンドバッグなどのアイテムを探すときに便利だ。

iPhone/iPadにプリインストールされている「探す」アプリからAirTagを付けたアイテムを追跡する

AirTagにはアップルが設計した超広帯域無線通信に対応する「U1チップ」が内蔵されている。同じU1チップを内蔵するiPhone 12/iPhone 11シリーズと組み合わせれば、「探す」アプリを開いてiPhoneの画面にAirTagの正確な位置を示す矢印と距離情報を表示しながら追跡ができる。

U1チップを内蔵するiPhoneであれば「探す」アプリを使ってAirTagの現在位置がより正確に分かる