舞台『目頭を押さえた』で、秋田汐梨さんと共にW主演を務める乃木坂46の筒井あやめさん

乃木坂46の4期生で最年少メンバーとして活躍する筒井あやめさん。17歳になったばかりの彼女が紹介してくれたのは、先輩の齋藤飛鳥さんからもらったという大切なチークだった。

■「筒井先生、これあげる」

「2021年に入って、飛鳥さんからチークをいただきました。ある歌番組のメイク時間に、急に『筒井先生、これあげる』と渡してくださいました。特にそれ以外の言葉はなかったです。

飛鳥さんには以前にも、大量のフェイスパックをもらったことがあって、その時はあまりものを積極的にあげる方じゃないと勝手に思っていたので、とてもびっくりしました。

齋藤飛鳥さんからもらったANNA SUIのチーク。「中身はすごくかわいくてキラキラしています」

そんな中で今回チークをいただいて、とてもうれしかったです。大切にし過ぎていて、まだ使っていません。多分、一生使わないと思います(笑)。今は自宅のドレッサーの前に飾っています。お気に入りのポイントですか? 飛鳥さんからもらったというのがとにかくうれしくて、そこが一番のお気に入りですね」

21年5月に開催された『乃木坂46 9th YEAR BIRTHDAY LIVE 〜4期生ライブ〜』で賀喜遥香が「4期生の仲の良さを伝えたくてたまらなかった」と発言するなど、絆の強いことで知られる乃木坂46の4期生。同期同士で何かものを贈り合うことはあるのだろうか。

「誕生日とかには、プレゼントを渡したりしています。4期生最年長の田村真佑ちゃんはいつもお洒落(しゃれ)なものをくれますね。20年の誕生日には、かわいいパジャマと花びらが入ったバスソルトをもらいました。バスソルトは使ってみて、とっても良い香りでした。2日に1回くらいは入浴剤を入れて、お風呂を楽しんでいるタイプなので、うれしかったです」

「おやすみの日は、たまにお化粧していますよ」「最近、4期生も個々でいろんなお仕事をさせてもらう機会が増えてきました。それ自体はすごくうれしいですけど、一方でプレッシャーも感じつつ、きちんとグループに還元していきたいという思いも出てきました」