仕事の作業環境や普段の生活を豊かにする、周辺機器やデジタルグッズ。今回はビデオ会議やパソコン環境を改善するほか、スマートフォンでも役立つアイテムを予算5000円以内でピックアップ。日経PC21編集部が実際に購入して評価した。第1回はビデオ会議の質を向上する5アイテムを紹介する。

■ウェブカメラ:画質が約4倍 好印象を得るために必須

QHD 2K Webcam(DEPSTECH)
●撮像センサー:1/2.9インチCMOS●画素数:400万画素●解像度:2K(2560×1440ドット)●視野角:65〜100度

さまざまな場面で使われるビデオ会議。その質を向上させるアイテムがウェブカメラだ。理由は明確。高性能なウェブカメラを使うと、映像がクリアになり、相手からの印象を良くできるからだ。今回選んだDEPSTECH製のウェブカメラは、3000円台半ばながら一般的なノートパソコン内蔵カメラの約4倍、400万の画素数を持つ(図1、図2)。

図1 有効400万画素のセンサーを搭載したウェブカメラ。2K相当という高精細な映像で、ビデオ会議での印象を向上できる図2 利用時はノートパソコンや液晶ディスプレーの上部に取り付ける。写真のようにレンズ部を隠せるカバーもある

ビデオ会議ソフトの「Zoom(ズーム)」でテストしてみると、その差は歴然だった(図3)。ただしシワやシミもくっきり映るので、それが嫌なら補正ソフトを組み合わせよう(図4)。

図3 上がノートパソコン内蔵のウェブカメラ(約100万画素)、下が本製品を使った「Zoom」でのビデオ会議の映像。解像度の差は一目瞭然だ図4 さらに印象を良くするならフリーソフトの「Snap Camera」(https://snapcamera.snapchat.com/から入手)で補正を加える。「Remove Beard 」フィルターを選ぶと、肌が明るくなり、シワやシミも消える