新ブランド「ノメルズ ハードレモネード」のフレーバーは3種類。容量はすべて350ミリリットルで価格は税込み165円

日本コカ・コーラは、低アルコール飲料の新ブランド「ノメルズ ハードレモネード」を2021年6月21日に立ち上げた。同社には「檸檬堂」というレモンサワーのヒット商品がすでにあるが、新商品がターゲットにしているのは檸檬堂の購入層よりも若い20〜30代だ。

■檸檬堂が取り込み切れなかった層を狙う

日本コカ・コーラの発表によれば、低アルコール飲料(ビール、発泡酒、新ジャンルを除くアルコール度数10%未満の酒類)の市場は20年の段階で5000億円規模。18年から20年にかけて約12%成長しており、なかでもレモンフレーバーの低アルコール飲料は全体の4割を占めるまでになっているという。

新商品である「ノメルズ ハードレモネード」(以下、ノメルズ)の「ハード」は「ソフト」の対義語で、ノンアルコール飲料のことを「ソフトドリンク」と呼ぶのに対し、日本ではアルコール入り飲料のことを「ハードドリンク」と呼ぶことにちなんでいる。アルコール入りのレモネードだから「ハードレモネード」というわけだ。

日本コカ・コーラ マーケティング本部 アルコールカテゴリー ブランドマネジャーの東條渚氏は「低アルコール飲料市場のさらなる成長のためには、檸檬堂とは異なる新しい価値観を提案するブランドが必要だと考えた。日本でも専門店が登場するなど、レモネードは注目度が高い。低アルコール飲料市場におけるレモンフレーバーのトレンド、また米国での人気を受けて、ハードレモネード専門ブランドのノメルズを立ち上げた」と、新ブランド開発の背景を説明する。

低アルコール飲料の購入者は18年から2年間で約250万人増えた。そのうち60万人超が20代と、この世代の伸びが著しい

19年発売のレモンサワー専門ブランド「檸檬堂」ですでにヒットを飛ばしている日本コカ・コーラだが、「檸檬堂と違い、ノメルズは普段あまり酒を飲まない若者に向けた製品設計になっている」と東條氏。

檸檬堂の購入層はアルコールが好きな30〜40代。そこでノメルズでは、低アルコール飲料市場で購入者数が伸びている20〜30代をターゲットに据えた。