シャープのスマートフォン「AQUOS R6」。本体はやや細長く持ちやすい

シャープのスマートフォン「AQUOS」の上位モデル「R」シリーズに最上位機種「AQUOS R6」が新たに加わった。スマホとしては最大級の1インチセンサーを搭載する、独ライカカメラが監修したカメラが話題だが、実はディスプレーも素晴らしい。どのようなユーザーに向いているのかを含めて、注目ポイントを紹介していこう。

AQUOS R6の本体デザインは最近のスマホによく見られるタイプだ。ディスプレーの左右がラウンドしており、背面は落ち着いたカラーのガラス製でとても高級感がある。画面サイズは6.6インチと大きいが、iPhone 12 Pro Maxなどに比べると幅が狭いので持ちやすい。メインカメラのレンズが大きく目立つが、1つだけなので3つ4つと並んでいるモデルよりはスッキリ感がある。

本体カラーはシンプルにブラックとホワイトだけで、落ちついた雰囲気を好むユーザーに向けたモデルと想像できる。

背面もスッキリしたデザイン。カメラのレンズが目立つ

■非常に美しいディスプレー

ディスプレーは、前述のように左右の端がアールを描くように丸みを帯びている。これは評価が分かれる部分で、画面サイズの割に本体がコンパクトに作れるメリットがある一方で、端の部分が使いづらいという声も少なからず耳にする。

ディスプレーの左右の端がラウンドしている

ただ、見た目は非常に美しい。液晶にこだわるシャープだが、このモデルのディスプレーは有機ELで、「Pro IGZO OLED」と命名されている。輝度は最高で2000カンデラ毎平方メートルと驚異的に明るく、2000万対1のコントラスト比で明暗差を広く表現できるHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応している。筆者はiPhone 12 Proシリーズのディスプレーをこれまでとても明るいと感じていた。それでも輝度が最高1200カンデラ毎平方メートル、200万対1のコントラスト比なのだから、AQUOS R6はそれをはるかに上回る(実物はまぶしすぎるほど明るいわけではない)。

左のiPhone 12 Pro Maxよりも輝度は高い

画面の書き換え速度(リフレッシュレート)は1〜240ヘルツ(毎秒1〜240回)の可変だ。リフレッシュレートが高速な「ハイスピード表示」にすると、画面の書き換えが頻繁になる。動きの激しいゲームはもちろん、ブラウザーのスクロールでも画面がちらつかなくなるが、バッテリーの消費が激しくなる。そこで、1〜240ヘルツの可変駆動が魅力的なわけだ。

アプリごとに「ハイスピード表示」に切り替えられる