鼻あてのない構造が特徴の、NTTe-Sportsのゲーミンググラス「HawkEye」。価格は2万4200円(税込み)

NTT東日本の子会社、NTTe-Sports(東京・新宿)が2021年6月30日、ゲーミンググラス「HawkEye」を発表した。耳と鼻ではなくほお骨と側頭部で支える構造が特徴で、ゲームをするときにヘッドホンと干渉しないため痛みや圧迫感が少ない。レンズは交換可能で、オンライン会議などに向いた普段使いの眼鏡フレームとしても訴求する。

HawkEyeは、専用ケースと曇り止めのクロスが付属してメーカー希望小売価格は2万4200円(税込み)。クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で6月30日より先行予約販売を開始しており、7月6日の時点で目標金額の50万円を大きく上回る480万円以上を集めている。

マットブラック、スケルトングレー、ピンクグレーの3色がある

ゲーミンググラスとは、ゲームをするときに眼の疲労を低減するための機能をもった眼鏡のこと。HawkEyeの特徴は、一般的な眼鏡のように耳にかけたテンプル(ツル)と鼻にのせた鼻あてで支えるのではなく、耳を避けて斜め上に伸びたテンプルと、斜め下に突き出たサイドパッドによりほお骨と側頭部でフレームを支える、「クアッドリフトフレーム」と呼ぶ構造だ。

クアッドリフトフレームにより、ヘッドホンを装着したときにテンプルが耳と頭に挟まれることがないため、痛みや圧迫感が少ない。頭にヘッドホンがしっかり密着することで遮音性も高くなり、よりゲームに没頭しやすくなる。ヘッドホンを着脱するときに眼鏡がずれることがないなどのメリットもある。テンプルとサイドパッドは曲げることができ、ユーザーが自分の顔に合わせて形状を調整できる。

耳と鼻ではなく、斜め上に伸びるテンプルと、下に突き出たサイドフレームで支えるため、ヘッドホンやマスクと干渉しない

購入時点では度の入っていないブルーライトカットレンズがついている。レンズは交換可能で、愛眼、OWNDAYS(オンデーズ)、JINS(ジンズ)、PARIS MIKI(パリミキ)のレンズ交換対応確認済み店舗に持ち込むことで交換できる。