ホットサンドメーカーを比較検証

東京・合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。今回は、おうち時間の増加とともに注目されている、手軽に使えるホットサンドメーカーを比較検証する(価格はすべて税込み)。

◇  ◇  ◇

こんにちは、飯田結太です。おうち時間の増加でパンを作る人、パンを使った料理にこだわる人などが増えているようです。そんな中で話題になっているのが、手軽にアツアツのホットサンドが作れる「ホットサンドメーカー」です。ここ2年ほどで種類が豊富になり、キャンプで使えるものが多いこともあって、ホットサンドメーカー競争は激しくなっています。

今回は、ファンが多い正統派から、キャンプでも活躍する進化系、そして、話題の家電商品を比較しました。

台所番長こと、合羽橋の老舗料理道具店、「飯田屋」の6代目、飯田結太氏。ホットサンドメーカーはもちろん自宅に常備している

ホットサンドメーカーは、食パンに具材を挟んだサンドイッチのパンのミミの周囲をプレスしながら熱を加えることで、アツアツのサンドイッチに仕上げる調理道具。チーズを加えるとトロリととろけて、とってもおいしい、ぜいたくなサンドイッチになります。

私もホットサンドが大好きで自宅でよく作りますが、具材を入れすぎてはみ出してしまい、こんがり焼き上げるはずが焦がしてしまうなど、何度も失敗しています。

今回は、各商品の特長をお伝えしながら実際にホットサンドを作っていきます。おいしいホットサンド作りの参考にしていただければうれしいです。まずは、今回検証する4製品のホットサンドメーカーをご紹介します。

今回は、ロングセラーのキング・オブ・ホットサンドメーカーから、キャンパーにお薦めの進化系、そしておしゃれ家電まで、現在のホットサンドブームをけん引する話題の4商品を検証します。

■ロングセラーヒット、ファンも多いキング

使いやすくてこんがり仕上がるとロングセラーのヒットとなっているのが、「Baw Loo(バウルー)」です。10年以上使っている人や、母親が使っていたものを受け継いでいるという人も多く、ホットサンドメーカー=バウルーと思っている人もいるほど安定した人気を誇ります。バウルーで調理をする人を「バウラー」と呼ぶこともあるんですよ。

イタリア商事「Baw Looサンドイッチトースター・ダブル」(メーカー希望小売価格4950円、税込み、以下同)。アルミニウムダイカスト製、内面フッ素樹脂加工、重量約420グラム

「Baw Looサンドイッチトースター・ダブル」はアルミニウムダイカスト素材なので熱伝導が良く、短時間で仕上がるので水分が飛びにくいのが特長。外側にはしっかりと焼き色がつき、中はふっくらと仕上がります。キャンプに持っていく人も多いですね。

具材を多く入れられないのが少し残念ですが、中心もプレスできる「ダブル」タイプなので、半分ずつ具材を変えることができるのも人気の理由のひとつかもしれません。

中心もプレスできるようになっているので、左右で違う具材を入れることもできる