「忘れ物防止タグ」と呼ばれるグッズが注目を集めている。通信機能を備えた小型のデバイスを鍵や財布など、なくして困るものに取り付け、紛失時にスマートフォン(スマホ)のアプリなどと連携して場所を特定する仕組みだ。製品選びのポイントや使い方を3回にわたって解説する。

■ボタン型にカード型、利用環境に合わせよう

現代人にとって、落とし物のリスクは高まる一方だ。クレジットカードや鍵などが入った財布を紛失すると、犯罪に悪用される恐れがある。職場の入館証やビジネス文書が入ったかばんをなくすのもご法度。多くの人に迷惑がかかり、同僚や得意先からの信用もガタ落ちになる。

こうした大切な物の紛失の予防や、紛失時の探索に使えるのが「忘れ物防止タグ」(図1)。4年ほど前から多数のメーカーが販売してきたが、2021年4月に米Apple(アップル)が大本命ともいうべき「AirTag(エアタグ)」を投入したことで注目度が高まった。

図1 紛失したら困るのが、財布や鍵の類い。最近は職場の入館証がカードキーを兼ねることもあり、こちらも紛失したら始末書ものになりかねない。こうした紛失を予防したり、紛失したときの探索の手がかりにしたりできるグッズが「忘れ物防止タグ」だ。さまざまな形状の製品から自分に適したものを選び、大事なモノに取り付けておくことで見つかる確率が上がる。スマホもどこに置いたかわからなくなりやすいものの1つ。こちらもOS標準の「探す」機能を駆使することで紛失を防止できる

忘れ物防止タグは、AirTagのようなボタン型のほか、スリムなカード型などいくつかのタイプがあり、何と一緒に使うかで向き不向きがある。

例えば、鍵の紛失を防ぎたいなら、小型のボタン型がよい。AirTagの場合はリングを通す穴がないので、専用のキーリングを組み合わせて使う。

一方、財布用にはボタン型だとやや分厚くて使いづらい。小銭入れならそのまま入れることも可能だが、長財布や2つ折り財布には入れにくい。こうした場合はAirTagではなく、別メーカーが販売するカード型の忘れ物防止タグのほうが適している。

入館証の場合はどちらのタイプでも大丈夫。カード型はホルダーに入れて収納でき、ボタン型はキーリングに取り付ければ利用できる。

■音や地図、通知などで探す

では、忘れ物防止タグは、どのような方法で取り付けた物を見つけ出すのか。具体例を図2に挙げた。

探し方は、自分がいる付近とそれ以外とで異なる。前者では遠隔操作して音を鳴らしたり、スマホの連携アプリで場所を特定したりして探し出す。後者では、地図上にタグの現在地を表示させることで、どこに置き忘れたのかを把握する。どこにあるのかわかれば、探す場所もわかる。

図2 忘れ物防止タグは、なくしたものを探し出す仕組みを備えている。自宅内など自分の近くにあれば遠隔操作でタグの音を鳴らしたり、スマホの画面に置き場所の方向や距離を示したりできる。屋外など離れた場所で落としても地図上で現在地を確認可能だ。タグを付けた物を置き忘れたらスマホに通知して教えることも可能。スマホの場合は操作をロックしたり、スマホを初期化してデータの盗用を防いだりすることもできる

そもそも忘れ物防止タグは、スマホとペアリングして使うデバイスだ(図3)。通信にはBluetoothを利用するため、機器同士が接続していれば近くにあるとわかる。

図3 忘れ物防止タグは、基本的にBluetoothでスマホと連携(ペアリング)して利用する。このため、ペアリングされていれば近くにあり、ペアリングが切れたらBluetooth圏外に忘れたことがわかる。この仕組みなどを応用して、置き忘れを通知してくれる製品もある

さらに後発のAirTagは、超広帯域無線(UWB)も組み合わせ、スマホからAirTagのある方向と距離も提示する(図4)。こうした機能のおかげで、近くで紛失した場合はほぼ100%探し出せる。

図4 近くにあるときの検知精度を高めたのが、アップルの「AirTag」。超広帯域無線(UWB)対応のU1チップを内蔵したiPhone11以降と組み合わせると、AirTagがある方向と距離を割り出すことができる