米Apple(アップル)は米国時間の2021年9月14日、新製品発表イベントを開催し、スマートフォンやタブレットなどの新製品を発表した。なかでも注目はiPhoneの新機種「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」シリーズだ。

■映画のような動画撮影を手軽に

20年秋に発売された「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」シリーズは、デザインの大幅なリニューアルやiPhoneで初めて高速通信規格「5G」に対応するなど多くの話題を集めた。しかし今回のiPhone 13/13 Proシリーズには、そうしたインパクトのある進化は見られなかった。むしろiPhone 12/12 Proシリーズを順当に進化させた内容となっている。

実際、iPhone 13シリーズ、iPhone 13 Proシリーズともに2機種ずつと従来のラインアップを踏襲している。デザインもiPhone 12/12 Proシリーズを継承したスクエアなもので、大きく変わった印象はない。

とはいえうれしい改善点もいくつかある。例えば、前面カメラ「True Depthカメラ」の省スペース化が図られたことで、ディスプレー上部のノッチ(切り込み)がやや小さくなった。またiPhone 13 Proシリーズのディスプレーは表示を書き換える回数(リフレッシュレート)が毎秒120回となり、画面のスクロールやゲームの表示がさらになめらかになった。

新しいチップセット「A15 Bionic」を搭載し、処理性能が大幅に向上した。その高い処理性能を生かして強化されたのがカメラ、なかでも動画撮影の機能だ。例えばiPhone 13シリーズで新たに搭載された「シネマティックモード」では、被写体の視線の動きに合わせて、その先の被写体にピントを合わせるような「フォーカス送り」を実現。映画のような表現を誰でも手軽にできるようになった。