日本経済新聞社は小売業のPOS(販売時点情報管理)データに基づき、この1年間に売り上げを伸ばした人気商品「日経POSセレクション2021」を発表した。特に消費者の支持を集めた「プレミアム賞」(10商品)と「ゴールド賞」(50商品)、「セレクション賞」(360商品)を選出した。自宅で料理や食事をする機会が増えるなか、飲食店のような本格的な味わいを楽しめたり、健康に配慮したりした商品などが並んだ。

◇   ◇   ◇

  ゴールド賞に選出したフードリエ(大阪府高槻市)の「麺好亭 大判厚切叉焼」は、「専門店並みの食べ応え」をうたった大判で厚切りのチャーシューだ。日経POS情報の平均価格は275.7円と、「焼き豚」のカテゴリーで売り上げ上位の一部商品と比べて20円ほど高い。フードリエの担当者は「お店と変わらない味とボリュームで、他にはないプチ贅沢(ぜいたく)を感じられる」と語る。

自宅で飲食店のような本格的な味わいの料理を楽しみたいといった需要をつかみ、「麺好亭 大判厚切叉焼」は2020年9月に焼き豚カテゴリーで首位に立った。21年6月に2位になったが、同年8月には返り咲いた。

酒類の一部でも、価格が高めの商品が堅調な売れ行きを見せた。

ゴールド賞となったチョーヤ梅酒(大阪府羽曳野市)の「ザチョーヤ シングルイヤー 本格梅酒」の容量は720㍉㍑。20年度の平均価格は955.2円と、「梅酒」のカテゴリー1位で容量1㍑の「さらりとした梅酒」(チョーヤ梅酒)の746.0円より209.2円高い。

やや高めながらも本格的な味わいが支持を集め、来店客千人当たり販売金額は前年度比69.1%増と高い伸びを示した。21年8月には梅酒のシェア2位に立った。

在宅勤務中のリフレッシュなどで甘い菓子を食べる人が増えた一方で、運動不足やコロナ太りが気になる人も少なくない。プレミアム賞に選出した「SUNAO チョコ&バニラソフト」(江崎グリコ)は、トウモロコシ由来などの食物繊維を使用する。アイスクリームでありながら糖質を9.1㌘と同社製品比で60%減らした。糖質の摂取を抑えながら、甘いものを食べられるといった満足感が人気の理由のひとつといえそうだ。

セレクション賞の「スタイルバランスプラス 完熟りんごスパークリング」(アサヒビール)はサワーテイストのノンアルコール飲料だ。アルコールゼロで、カロリーゼロと糖類ゼロもうたう。

食事の脂肪や糖分の吸収を抑える食物繊維、難消化性デキストリンが含まれている機能性表示食品でもある点が特徴だ。「スタイルバランスプラス」ブランド全体の直近8月の売り上げは前年比26.8%増の伸びを見せている。

日経POS情報でアルコールテイスト飲料全体の売り上げは2021年に入り、20年比で2桁増が続いている。ビールテイスト飲料が金額シェアの約8割を占めており、アルコールテイスト炭酸飲料は2割弱にとどまる。

伸び率ではアルコールテイスト炭酸飲料がビールテイスト飲料を大きく上回っており、今後の市場拡大も予想される。