ドリームファクトリーの電動マッサージ機、「EXAGUN HOT&COOL(エクサガン ホット&クール)」

ドリームファクトリー(大阪市)の「EXAGUN HOT&COOL(エクサガン ホット&クール)」は、マッサージガンやリカバリーガンなどと呼ばれるタイプの電動マッサージ機だ。握りやすいデザインで、体に当てる部分をさまざまな形のアタッチメントに交換したり、振動数を変えたりすることで、体の部位や疲労の度合いに合わせたマッサージができる。

■アタッチメントに温冷機能を搭載

マッサージガンと呼ばれるのは、ガン(銃)のような形をしたマッサージ機だから。エクサガン ホット&クールもL字型のボディーで、無理な姿勢を取ることなく、首や肩、肩甲骨、ふくらはぎなどにアタッチメントを当ててマッサージができる。エクサガンホット&クールは、ボディーケアブランド「ドクターエア」の製品。最大の特徴は、温冷機能のあるアタッチメントを取り付けて温度差を利用したマッサージができること。本体色はレッドとブラックの2色。5種類のアタッチメントと充電スタンド、収納ケースなどが付属して、直販価格は2万2000円(税込み)だ。

メーカーによると、同ブランドのマッサージガン・リカバリーガン製品は累計出荷台数30万台を超え、エクサガン ホット&クール自体の出足も好調だという。

マッサージガンが日本で広がり始めたのは19年ごろ。当初の主なユーザーは30〜50代の男女で、トレーニングの質向上やリカバリー、また自宅でのリラックス用として使う人が多かった。ところが新型コロナウイルス禍によって、テレワークや巣ごもり時間が増加。体の不調を訴えたり運動不足を気にしたりする人が増え、今では幅広い層で需要が高まっているという。これが、エクサガン ホット&クールの売れ行きを後押ししている大きな要因でもある。

そこで早速、テレワークによる体の凝りや疲れをどれだけ解消してくれるのか、試してみた。

L字型で、ガン(銃)のように握って使う本体色はレッドとブラックの2色