PowerPointの資料作成に苦労していませんか? 伝えたいことが一目で伝わる資料を作るにはどうすればいいのでしょうか。シリーズ「いまいちパワポ改造計画」ではTwitterで7万人以上のフォロワーを集めている『パワポ芸人』ことトヨマネさんの監修のもと、架空のIT系会社員「今市くん」と「池照さん」の対話形式で資料作成のコツをお伝えします。

<登場人物>

今市(いまいち)くん
某IT企業で働く社会人3年目。やる気と元気には自信があるが、資料作成には苦手意識がある。


池照(いけてる)さん
今市くんと同じ部署の先輩。わかりやすい資料に定評があり、部署内でも一目置かれている。

月曜日の昼下がり。今市くんがぶつぶつひとりごとを言いながらキーボードをたたいています。きょうも資料作成で何か困りごとがあるようです。

今市 うーん……これは……もっとこうした方がいいかな……いや、逆にこうするのはどうか……。
池照 ちょっと今市くん、どうしたの? さっきからずっとひとりごとを言ってて、ちょっと怖いよ(笑)。
今市 あ、池照さん! 実は、きょうもちょっと資料作成に困ってるんです。飲食店の事業者さんにキャッシュレス化を勧めるための提案資料なんですけど、文字を打っただけみたいな感じになっちゃって……例えば、このスライドを見てください。

池照 ふーん、なるほどね。3項目で整理されていて、内容としてはわかりやすいんじゃない?
今市 本当ですか!? 池照さんに褒めてもらえるなんてうれしいです!

■図形やレイアウトより文字デザイン

池照 でも、見せ方はもうちょっと工夫できそうだね。ちょっと貸してくれる?

池照 ほら、例えばこういう感じにするとグッと見やすくなるでしょ。
今市 本当ですね! 内容は同じなのに、すごく見やすくなりました。「ちゃんとしてる感」もありますね。さっきの資料より、お客さんも納得してくれそうな気がします。
池照 そうでしょ? 私たちが資料の見栄えを考える時って、ついつい図形とかレイアウトに気持ちが向きがちなんだけど、実は最初に改善すべきなのって「文字のデザイン」なんだよね。
今市 は〜なるほど! 盲点でした。確かに、資料って何だかんだ言って結構文字が多いですもんね。
池照 そうそう。そして、今回の修正のポイントはこの2つ。

池照 まずはフォントね。今市くん、今回はどうしてこのフォントを使った?
今市 そうですね……今回はお客さんにバーンと強い印象を与えたかったので、ぶっとくてハッキリしているフォントを選びました!
池照 なるほどね。これは「HGS創英角ゴシックUB」というフォントで、太くて読みやすいので悪くはない。資料作成に使うフォントは、シンプルで可読性の高いゴシック体を使うのが基本だからね。
今市 ほんとですか! よかった!