新登場のVAIO FL15はシンプルなデザインだ

高級モバイルノートの印象が強いパソコンメーカーVAIO(長野県安曇野市)だが、これまでも15インチクラスのスタンダードモデルをリリースしてきた。とはいえ、やはり少々割高感があった。最近はHPやレノボ、デルなど海外勢のパソコンが非常に安く、「VAIOは欲しいけど高い」と思っている方も多いだろう。

そうしたところに今回「VAIO FL15(以下、VAIO FL)」が投入された。画面サイズはスタンダードな15.6インチで、価格はなんと7万9200円からだ。もちろん税込み価格なので、とても割安に感じる。非常に興味深いモデルなので詳しくレビューしていこう。

■VAIOらしいデザインと軽量ボディー

VAIO FLは、15.6インチのスタンダードなノートパソコンだ。パソコンのなかでも、最も売れているカテゴリーで、基本的には持ち運ぶのではなく、机に据え置いて使うタイプになる。自宅や会社でメインマシンとして使うのに向く。

このサイズの製品は各メーカーからリリースされており、手ごろな価格のモデルから高性能・高価格モデルまで幅広い。そうしたなかでVAIO FLの特徴は、スリムでスタイリッシュなことだろう。DVDなどの光学ドライブを省くことで、本体を厚さを20.5ミリと薄型に仕上げている。重さも大画面ノートとしては、比較的軽量な1.85キロに抑えた。外に持ち出すのには向かないが、家の中や会社内で移動しながら使うには十分だ。

キッチンスケールによる計測では、1.7キロ台だった

本体の形状もVAIOらしい。他のVAIOシリーズと同じく、ディスプレーを開くとキーボードの後部がせり上がる。手首が打ちやすい角度になってタイピングできる。

ディスプレーを開くと、キーボードの後部がせり上がる機構を採用する