4K8Kテレビが本格的な普及期に入った(写真はイメージ)

高精細映像の4K8K衛星放送を視聴できる機器の出荷台数がついに1000万台を突破した。

NHKや民放などでつくる放送サービス高度化推進協会(A-PAB)によると、2021年8月31日時点での4K8K衛星放送の視聴可能台数は1002万6000台となり、「東京オリンピック・パラリンピックの開催期間中に全世帯の18%にあたる1000万台」という同協会の「公約」を達成した。

A-PABの木村政孝理事は、「18年12月に4K8K衛星放送がスタートしてから、2年9カ月(33カ月)、約1000日で1000万台に到達した。逆算すると、毎日1万台が日本の家庭に設置されたことになる。1台あたり10万円以上する製品がこれだけ広がった。その実績を評価してもらいたい」と述べる。

20年春には、新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪・パラリンピックの開催が1年延期となり、需要の先送りが懸念された。だが20年6月以降、政府による国民1人10万円の特別定額給付金の給付をきっかけに、テレビ販売が増加。それが21年7月前半まで続いた。

4K8K衛星放送視聴可能機器の累計出荷台数の推移(出所:放送サービス高度化推進協会)

「大型スポーツイベントの開催に伴うテレビの需要は、開催2〜3カ月前に集中的に生まれていたのがこれまでのパターン。だが、今回は、約1年間にわたり、前年同月比3〜4割増で推移した」(A-PABの木村理事)という。

東京五輪・パラリンピックが、無観客開催になったことも、テレビ販売には追い風となったようだ。ちなみに、東京五輪の4K8Kの放送時間は、BS4Kの民放5局合計で85時間58分、NHKではBS4Kが約220時間、BS8Kでは約210時間。東京パラリンピックでは、NHKがBS4KおよびBS8Kで、それぞれ約90時間のサイマル放送(テレビで放送中の映像をインターネットで同時配信すること)を行ったという。

視聴者からは、「競技会場の特等席で見ているような臨場感があった」「選手の表情や汗までくっきり見え、空気感が感じられた」という声が上がったという。各競技において高画質ならではの臨場感が伝わったようだ。

なかには、2Kと4Kを切り替えながら視聴していた人もいたようで、「画質の違いが一目瞭然だった」、「赤と青の表現力の違いに驚いた」という声もA-PABには寄せられた。