電子情報技術産業協会(JEITA)によると、2021年7月に国内で出荷されたパソコンの84・3%がノートパソコンだった。今や、多くの人がノートパソコンを利用している。そこでWindows 10(ウィンドウズ10)でノートパソコンを快適に使うための設定を紹介する。一部はデスクトップパソコンでも有効だ。

■出先でノートPCを活用する際は省電力の設定にも配慮を

まずは電源設定関連の項目だ。ノートパソコンでは、タスクバーの右側にバッテリー残量を示す「電源」アイコンがある。これをクリックして開いた画面で「電源モード」を調整できる(図1)。

図1 電源のアイコンをクリックすると(1)、画面が開き(2)、スライダーで電源モードを調整できる(3)。直接「設定」画面も開ける(4)

処理能力を優先して消費電力を上げるか、処理能力を落としてバッテリー消費を抑えるかを調整する。スライダーを左端の「最大のバッテリー残量」まで動かすと、「バッテリー節約機能」が有効になり、OneDrive(ワンドライブ)の同期などウィンドウズの機能の一部を停止する(図2)。自宅や出先など、利用シーンに応じて、積極的に電源モードを切り替えよう。

図2 電源モードが「バッテリー節約モード」になると、OneDriveの同期は自動的に停止する。通知のボタンなどで同期を継続することも可能だ

なお、バッテリー節約機能は、バッテリー残量が一定以下になると、自動で有効になる。そのしきい値は「設定」画面で変更できる(図3)。

図3 「設定」画面→「システム」→「バッテリー」で(1)、バッテリー節約モードの切り替えと(2)、自動で切り替えるバッテリー残量の指定ができる(3)

画面が自動的にオフになるまでの時間や、パソコンが自動的にスリープ状態になるまでの時間も「設定」画面で調整できる(図4)。ノートパソコンの場合は、電源接続時とバッテリー駆動時で異なる時間を設定できるので、省電力と作業効率のバランスを考えて設定しよう。デスクトップパソコンも電源接続時の設定が可能だ。

図4 「設定」画面→「システム」→「電源とスリープ」で(1)、画面が消えるまでの時間と(2)、スリープに切り替わるまでの時間を設定できる(3)

さらに、「コントロールパネル」を使うと、電源ボタンを押したときの動作や、カバー(画面)を閉じた場合の動作を選択できる(図5、図6)。

図5 図4の画面で「電源の追加設定」を押して開いた上の画面で「電源ボタンの動作を選択する」か「カバーを閉じたときの動作の選択」を選ぶと、図6の画面が開く(1)。上の画面で「プラン設定の変更」→「詳細な電源設定の変更」の順に選ぶと図7の画面が開く(2)(3) 図6 (1)で電源ボタンを押した際と、カバーを閉じた際の動作を指定。(2)を押すと(3)の設定ができる。(4)で設定が確定する

ここでは「スリープ」とは別に「休止状態」も選べる。「スリープ」はスマートフォンの待機状態のように、現在の作業状態を維持したまま消費電力を抑える。それに対して「休止状態」は、メインメモリーの状態をストレージに記録して電源をオフにした状態だ。次回の起動時には記録したデータを読み込むことで、素早く前回の作業状態を復元する。スリープからの復帰ほど速くはないが、電力消費がほぼゼロで、OSとアプリを一から起動するより高速だ。

バッテリー駆動中にノートパソコンをスリープ状態のまま放置すると、一定時間経過後かバッテリー残量が一定値以下になったときに、自動的に休止状態に移行する。移行するまでの時間やバッテリー残量のしきい値は自分で調整できる(図7)。自分の使い方や、バッテリー性能に応じて調整してみよう。

図7 この画面では詳細な電源設定が可能。「スリープ(1)→「次の時間が経過後休止状態にする」で数値(分)を指定することで(2)(3)、スリープ後に休止状態に切り替わるまでの時間を変更できる