自販機でキャッシュレスで飲料が買える日本コカ・コーラの「Coke ON Pay」。アップルが開発したシール「App Clip」が貼られ、専用アプリ不要で注文できるようになった

2021年10月4日発売の「日経トレンディ 2021年11月号」では、「フィンテック最前線」を特集。スマホで注文ができる「モバイルオーダー」が浸透し、同時に使い勝手も進化している。自販機のキャッシュレス機能をアップデートしたのが日本コカ・コーラ。アップルが開発したNFCタグを自販機に貼り付け、iPhone利用者ならアプリ不要でオーダー可能にした。商機と見たジェーシービー(JCB)は、映画館や野球場などで実証実験を開始している。

人や物との接触を避けてスマホで注文できる「モバイルオーダー」が、デリバリーや店舗以外のシーンにも広がり、同時に使い勝手も進化している。

日本コカ・コーラは2021年8月、自販機でキャッシュレスで飲料が買える「Coke ON Pay」をアップデートした。従来は、公式アプリ「Coke ON」を事前にダウンロードした利用者だけが注文画面を表示して決済できたが、iPhone利用者ならアプリ不要でオーダー可能にした。

アプリがなくても注文できる秘密は、アップルが開発した「App Clip」を採用したおかげだ。自販機には円形の模様が描かれたアップル仕様のシールが貼られており、非接触IC入りNFCタグが組み込んである。iPhoneをNFCタグに近づけると、容量の小さなミニアプリをネットから瞬時に一時ダウンロードできる。カメラで模様を読み取るのでもOKだ。

ミニといってもフルアプリとオーダー機能は大きく変わらず、その自販機で売っている商品がスマホ画面に一覧表示され、同じように代金をApple Payに登録してあるクレジットカード(SuicaやPASMOは非対応)などで決済できる

「自分の決済情報を登録することを不安がって、モバイルオーダーアプリのインストールを敬遠する人は少なくない。ミニアプリとApple Payの組み合わせなら、こうした人をCoke ON Payの世界にいざなえる」(日本コカ・コーラ シニアマネジャーの宇川有人氏)

現在88万台ある同社の自販機のうち、Coke ON Pay対応機は37万台。順次App Clipシールの貼り付けを進めている。

タッチモバイルオーダーのイメージ

QRコードのようにカメラで読み取る手間がかからない