新登場のiPad mini(第6世代)。公式オンラインストアの販売価格は5万9800円から

iPad mini(第6世代)が新登場した。前モデルから2年近くたってのアップデートなので、個人的には大いに待ちわびていた。今回は、実際に購入して数日使い込んで感じた印象を紹介していこう。まだ入手してから4日程度だが、外出の際にはほぼ持ち歩いている。

タブレットの主流のサイズは、10〜11インチ前後だ。iPadも、iPad(第9世代)、iPad Air、iPad Proなど、11インチ程度の製品がラインアップの柱となってる。ところが、このくらいのサイズだと重さは400グラム台後半から500グラム程度になる。長時間手に持って使い続けるのは案外つらい。

その点、iPad mini(第6世代)は、Wi-Fiモデルで293グラム、Wi-Fi+セルラーモデルでも297グラムと、どちらも300グラムを切っている。この軽さなら、手に持ち続けても負担は少ない。ちなみに同時に登場したスマートフォンiPhone 13 Pro Maxは238グラムなので、60グラム程度しか重さは変わらない。

背面はアルミを生かしたスタイルだ

現実的には出先で使うためにケースやカバーを付けることになる。それでも、本体が小さいほど追加される重量は少なくて済む。僕は、ずっとカバンに入れて持ち運んでいるが、負担に思うことはまずない。

純正カバーのSmart Folioを付けた状態で持ち歩いても、300グラム台だ

■画面サイズ以上に快適だ

iPad mini(第6世代)は、画面サイズが8.3インチに大型化した。前モデルのiPad mini(第5世代)は7.9インチなのでちょっぴり大きくなった。

実際は画面の縦横比が変化し、より細長くなった。画面のサイズは対角線の長さで示すので、正方形に近いほど面積は広くなる。つまり、実際の面積は数値ほどは大きくなっていないのだ。

だが動画を見る際には、細長くなった縦横比がとても有利に働く。動画の上下で黒く表示される非表示の部分が少なくなる。iPad mini(第5世代)と比べると、動画はより大きく表示できる。

右のiPad mini(第6世代)は動画が大きく表示できる

タブレットの用途の一つに動画視聴を挙げる方は多いだろう。僕も移動中の電車内や、カフェでの空き時間に動画を見ることが少なくない。そんなときにiPad mini(第6世代)が素晴らしい相棒になる。

スピーカーは横置きにした際の左右に割り振られている。iPad mini(第5世代)は片側だったので音の聞こえ方がずいぶん違う。