福岡県警は30日、大麻取締法違反(所持)の疑いで福岡南署総務課の警部補佐藤昭義容疑者(42)=福岡県筑前町高田=を逮捕した。県警は同日、南署や自宅などを家宅捜索した。

 逮捕容疑は29日、県内で乾燥大麻4・4グラム(2万6千円相当)を所持していた疑い。「大麻だと思っていなかった」と容疑を一部否認しているが、県警は大麻を使用した疑いもあるとみて、入手経路も含め調べている。

 県警監察官室によると、29日午後、JR鹿児島線の列車内に置き忘れていたセカンドバッグから大麻のようなものが見つかり、久留米駅が県警久留米署に連絡。同日夕、佐藤容疑者から「バッグを落とした」と同署に連絡があり、その後、自ら取りに来たという。

 佐藤容疑者は2002年から約1年半、薬物捜査を担当。現在は証拠品の管理などに携わっている。

 県警で今年に入り、現職警察官が逮捕されるのは2人目。6月に同県小郡市の母子3人殺害事件で、妻に対する殺人罪で夫の元巡査部長が逮捕、起訴されている。懲戒処分も相次ぎ、7月30日現在の処分者は16人で、昨年の14人を既に上回っている。

 監察官室の近藤康徳首席監察官は「極めて重く受け止めている。職務倫理教養のさらなる徹底を図り、再発防止に努めたい」と述べた。

=2017/07/31付 西日本新聞朝刊=