安倍晋三首相の3日の内閣改造について、河野太郎氏を外相に起用したことに、韓国では歓迎ムードが広がった。日韓の最大の懸案である従軍慰安婦問題を巡り、1993年の官房長官談話で旧日本軍の関与と強制性を認めた父、河野洋平元衆院議長の精神を引き継いでいるとの期待があるようだ。

 韓国外務省報道官は3日の記者会見の冒頭で河野氏の外相就任に触れ、「韓日両国が未来志向的で成熟したパートナー関係を構築できるよう希望している」との康京和(カンギョンファ)外相のコメントを紹介した。

 聯合ニュースによると、康氏は同日ソウルで面会した長嶺安政大使にも河野氏の外相就任に対して祝辞を伝えたという。

 同ニュースは、河野氏が日韓議員連盟に所属し、安倍首相の靖国神社参拝に否定的な立場であることなどを紹介。「父親から受けた影響が今後の日韓協議にプラスに作用するとの期待がある」と伝えた。

=2017/08/04付 西日本新聞朝刊=