「コーヒー業界でそれぞれの分野を究める3人が一堂に会するイベントですから。ぜひ話を聞きたくて」。わざわざ東京から駆け付けたという男性会社員(24)は目を輝かせた。

 福岡市・天神で3月下旬に開かれた「コーヒーチャンピオンズトークin福岡」。その名の通り、コーヒーを入れる専門家「バリスタ」、コーヒー器具開発、焙煎(ばいせん)でトップを走る福岡県の3人が舞台に上がった。

 バリスタの世界大会で2016年、2位となったレックコーヒー(福岡市)の岩瀬由和さん(36)は1キロ数万円の希少種の豆を自ら抽出した。来場者は「フルーティーな香り」「冷めると甘みを感じる」と試飲を堪能。トロッとした口当たりも印象に残る。

 糸島市在住で、米アップル社のデザインエンジニアだったダグラス・ウェバーさん(39)はプロをうならせる自作の高品質ミルで豆をひいた。「満足いくエスプレッソマシンを造りたかったから」と起業の理由とコーヒーへの情熱を語った。

 焙煎の技を競う13年の世界大会で優勝した豆香洞(とうかどう)コーヒー(大野城市)の後藤直紀さん(42)は、ひたすら焙煎室にこもる日常を紹介。「生豆の管理を含めて、味をデザインするのが焙煎士」と語り、こんな言葉をつないだ。

 「コーヒーは今、危機的状況にあります」