◆パ・リーグCSファイナルステージ第2戦 西武6−8ソフトバンク(10日・メットライフドーム)

 レギュラーシーズン2位のソフトバンクが先発全員安打。リーグ優勝した西武のお株を奪う猛攻で、第1戦から2連勝を飾った。対戦成績を2勝1敗(西武のアドバンテージ1勝)とし、追う立場から勝敗を逆転させ、3年連続の日本シリーズ進出へ前進した。

 ソフトバンクは初回、3試合ぶりにスタメン入りした中村晃の適時打で先制。2回にも牧原の犠飛で1点を加えると、3回にはデスパイネの適時二塁打、中村晃の2ラン、さらに高谷の適時二塁打で西武先発の今井をKOした。

 ソフトバンク先発の武田に3回まで無安打に抑えられた西武は、7点を追う4回から反撃。外崎のソロで1点を返した。この回、メヒアの邪飛を追ったソフトバンクの捕手・高谷が負傷交代するアクシデントがあった。

 西武は5回、連打で武田を降板に追い込むと、2番手・嘉弥真から源田が適時二塁打、森が犠飛を放ち、3番手・石川から中村が適時二塁打で、3点差まで追い上げた。

 それでもソフトバンクは直後の6回、グラシアルが3番手・マーティンからソロ。追いすがる西武は7回に甲斐野を攻め、中村の内野ゴロの間に1点。8回は秋山がモイネロから適時打を放ち、2点差に迫った。

 するとソフトバンクは源田、森と続くところで抑えの森を投入。源田を退けると、主軸と当たる9回は無死から森に四球を与えたものの、後続を断った。森と甲斐野は楽天とのファーストステージから4連投、モイネロは5連投だった。

 2試合連続の2桁、今CS最多の13安打をマークしたソフトバンクは、中村晃が3打点の活躍。5番起用した工藤監督の用兵がまたも的中した。CSでの先発全員安打は、昨季西武とのファイナルステージ第3戦(○14−5)以来だ。