◆日本シリーズ第2戦 巨人2−13ソフトバンク(22日、京セラドーム大阪)

 大量13得点での快勝の口火を切ったのはソフトバンクの主砲・柳田だった。

 初回1死一塁。巨人先発左腕の今村が投じた甘く入ったシュートを捉える。この打球に中堅手の丸は落下点の予測が外れたのか、慌てて背走。結局頭上を越える先制二塁打になった。この回の3得点につながり「(一走の川島)慶三さんが一生懸命走ってくれたおかげ」と感謝した。

 初戦は無安打だったが、3回にも戸郷の外角低めの難しい球を左前に落としてマルチ安打。グラシアルの2ランを呼び込み、7回の四球もデスパイネの満塁弾につながった。